ポルシェ初のEVモデル開発が正式に決定|Porsche

ポルシェ初のEVモデル開発が正式に決定|Porsche

CAR NEWS

Porsche Mission-E|ポルシェ ミッションE

ポルシェ初のEVモデル開発が正式に決定|Porsche

ポルシェは、ポルシェAGの監査役会が、ポルシェ初の電気自動車開発構想「ミッションEプロジェクト」の推進を12月4日に決定したことあきらかにした。この、ポルシェ初のピュアEVモデルは、2020年末までの市販を目指すという。

Text by OHTO Yasuhiro

今年9月のフランクフルトショーで、ポルシェ初のEVコンセプトとしてワールドプレミアされたコンセプトカー「ミッションE」が、市販化に向けての本格的な開発プロジェクトとしてスタートする。

ミッションEは優雅な4ドアクーペスタイルのボディに、最高出力600psを上まわる電気モーターを搭載。駆動システムには、AWDを採用し、0-100km/h加速で3.5秒以下という俊足を見せるだけでなく、ロングドライブにも対応可能な500km以上の連続航続距離を実現している。

また車両フロアに収められたリチウムイオンバッテリーは、専用開発された800Vのチャージユニットを介することでわずか15分の充電で最大航続距離の80パーセントに相当するエネルギーをチャージすることを可能で、高い実用性と性能を兼ね備えたポルシェの新世代スポーツカーとして纏められている。

Porsche Mission-E|ポルシェ ミッションE
Porsche Mission-E|ポルシェ ミッションE

今後、推進されるミッションEプロジェクトによって、ポルシェは約10億ユーロの投資とシュトゥットガルト-ツッフェンハウゼン地域だけでも1,000以上のあたらしい雇用を創出するという。具体的には、本社工場付近だけでも約7億ユーロを投資し、今後数年のあいだにあたらしい塗装工場と組立工場を建設。さらに電気モーター生産のために現行のエンジン工場の拡張などもおこなう。もちろん、開発拠点であるヴァイザッハのR&Dセンターなどにも投資をしてゆく。

ポルシェAG社長であるDr.オリバー・ブルーメ氏は、ポルシェが持続可能なモビリティのひとつであるEVへの積極的な開発姿勢をアピールし、「このプロジェクトがスポーツカーの歴史のあらたな章の幕開けとなる」とコメント。誰もがポルシェだと認めるあたらしいEVスポーツカー創出への堅い決意を示した。

ポルシェ初のEVスポーツモデルは、ドイツの自動車産業の中心であるシュトゥットガルト-ツッフェンハウゼンの工場で生産され、2020年末までに市販される予定だ。