東京モーターショー 2017 リポート|Mercedes-Benz & smart

東京モーターショー 2017 リポート|Mercedes-Benz & smart

CAR NEWS

Mercedes-Benz|メルセデス・ベンツ

Mercedes-AMG|メルセデスAMG

Mercedes-Maybach|メルセデス・マイバッハ

smart|スマート

東京モーターショー 2017 リポート

Text by HARA AkiraPhorographs by ARAKAWA Masayuki

2年で進化した自動運転

メルセデス・ベンツブースのプレスカンファレンスは、和をイメージした音楽に合わせたダンシングチームのパフォーマンスで幕を開けた。

登壇したメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は、前回の東京モーターショーに登場した「F015」、「ビジョンTOKYO」に触れ、そこからこの2年間で自動運転技術が目覚ましく進化していることを強調した。

まず、「コンセプトEQA」は、同社のEV専用ブランドである「EQ」の最新コンセプトモデルで、アジア初公開となる2ドアコンパクトカー。2個のモーターは最大合計出力272psを発生し、最大航続距離400kmを誇る。

s_003_mb_sm_tms

Mercedes-Benz EQ A

s_011_mb_sm_tms

Mercedes-AMG project 1

スポーツモデルのメルセデスAMG「プロジェクト ワン」は、AMG創立50周年を記念してフランクフルト モーターショーでワールドプレミアしたモデルで、F1マシンが搭載する1.6リッターV6ガソリンエンジンに4つのモーターを組み合わせたハイブリッド ターボ エンジンを搭載し、最高出力は何と1,000ps。エンジン最高回転数11,000rpm、0-200km加速6.0秒、最高速度350km/hというモンスター公道モデルだ。

また、未来のカーシェアを想定した完全自動運転車「スマート ビジョンEQ フォーツー」などを展示。メルセデス・ベンツ、メルセデスAMG、メルセデス・マイバッハ、スマートの4つのブランドから、合計で21モデルを展示する。

さらに、燃料電池システムとプラグインハイブリッドシステムを組み合わせたSUVモデルの「GLC F-CELL」を展示。航続距離は、東京から鈴鹿まで走行可能な約450kmという。