東京モーターショー 2015 リポート|Mercedes-Benz

東京モーターショー 2015 リポート|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz GLE Coupe

CAR FEATURES

Mercedes-Benz|メルセデス・ベンツ

Mercedes-AMG|メルセデスAMG

smart|スマート

東京モーターショー 2015 リポート

未来の東京をイメージしたコンセプトモデルを発表

国内で販売される輸入車ブランドのなかでも、ひときわな好調が伝えられるメルセデス・ベンツ、およびそのサブブランドたち。東京モーターショーにおいても、新モデルの導入をおこなうなど、その勢いは止まらない。小川フミオ氏による現地リポート。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

新型SUVを披露

日本市場での販売好調なメルセデス・ベンツ。その理由を探るのにもっともよい方法は、東京モーターショーのブースを見ることかもしれない。現在、26車種127モデルを日本で販売するメルセデス・ベンツ日本。さらにショーでは、2015年、圧倒的な速さで選手権を獲得したF1マシンをはじめ、導入予定の新型車、さらに世界初公開のコンセプトモデルと、多岐にわたる内容がいっきに展開されている。

新型車では、「Mクラス」のフルモデルチェンジ版である「GLEクラス」が目を惹いた。特徴的なリアクォーターピラーのデザインは踏襲しつつ、シャシー性能が向上したのが特徴だ。日本の販売戦略は従来と一線を画しており、3リッターディーゼルの「GLE 350 d」と、パワフルな5.5リッターV8ガソリンエンジン搭載のメルセデスAMGブランドになる「GLE 63 S 4MATIC」の2本立て。効率とパワー、2つの個性をより明確にあらわすモデルの投入だ。

s_Mercedes-Benz-GLE-350d

Mercedes-Benz GLE 350d

s_Mercedes-Benz-GLE-Coupe (1)

Mercedes-Benz GLE Coupe

GLEと同時に、「GLEクーペ」も導入予定として展示された。こちらはBMW「X6」をライバルとしそうなクーペ的なスタイリングをもった斬新なイメージのSUVだ。全長4.9メートルに対して全高1.73メートルのボディは、なだらかに傾斜したリアウィンドウによる軽快感をもつ。リアコンビネーションランプは、メルセデス・ベンツのクーペとイメージを共有する横長のもので、特別な存在感が強調されている。パワートレインは未発表だが、プラグインハイブリッドも可能性がありそうだ。

SUVでは、「GLCクラス」も導入予定として展示されていた。「Cクラス」と基本プラットフォームを共有しつつ、33mmもホイールベースを伸ばしている。全長4.7メートルの比較的大ぶりな車体をもち、従来の「GLKクラス」に代わるモデルだ。BMWの「X3」や、アウディ「Q5」とライバル関係になるだろう。

東京モーターショーに先駆けて発表された新型「Vクラス」も、来場者の注目を集めていた。日本に導入されるのは2.2リッターディーゼルエンジン搭載モデルのみで、ホイールベース3,200mm、ボディは全長4,905mmのスタンダードと、5,150mmのロング、2種類が用意される。7名乗車のパッケージングと、ロングでは通常でも1,035リッターもの荷室容量が実用的だ。

後輪駆動方式に7段オートマチック変速機を組み合わせていて、燃費はリッター15.3km/ℓ(JC08モード)。先代の3.5リッターV6ガソリンエンジン車と比較して最大125パーセントも向上しているという。

s_Mercedes-Benz-GLC-Coupe

Mercedes-Benz GLC Coupe

さらに世界初公開となる「ビジョン トウキョウ」という衝撃的なモデルが公開された。