東京モーターショー 2017 リポート|Lexus

東京モーターショー 2017 リポート|Lexus

CAR NEWS

Lexus|レクサス

東京モーターショー 2017 リポート

Text by HARA AkiraPhorographs by ARAKAWA Masayuki

自動運転搭載のLS+コンセプトを世界初公開

レクサスは、大型セダンのコンセプトモデル「LS+コンセプト」をワールドプレミアした。これは、近い将来のレクサスの方向性を示す、自動運転技術を搭載したモデルとなる。

エクステリアは先ごろ発売されたばかりのフラッグシップセダン「LS」をブラッシュアップしたもので、空力を意識したボディと一体感のあるスピンドルグリル、シャープでエッジ感のある表情を作り出す前後のライトデザインが特徴だ。

s_lexus-ls-plus-concept_101

LEXUS LS + concept

s_lexus-ls-plus-concept_109

搭載する自動運転は、2020年の自動運転専用道路上での実現を可能とするもので、さらに進化すれば2020年代中の一般道でのレベル4の自動運転も視野に入れているという。

このほかに、フラッグシップクーペの「LC」、先ごろ発売を開始したばかりのフラッグシップセダンの「LS」などの市販モデルを展示した。LSは、日本の「おもてなしの心」を取り入れたデザインが特徴で、切子ガラス製のドアインパネや、琴や茶せんをイメージしたインストルメントパネルなどを装備する。