リーフが初のフルモデルチェンジ|Nissan

リーフが初のフルモデルチェンジ|Nissan

CAR NEWS

Nissan Leaf|日産 リーフ

リーフが初のフルモデルチェンジ

日産自動車は9月6日(水)、電気自動車「リーフ」をフルモデルチェンジし、2代目へと進化した新型を発表した。10月2日(月)より日本で先行発売される。

Text by YANAKA Tomomi

航続距離が伸び、自動運転技術も搭載

2010年末に発売された「リーフ」が初のフルモデルチェンジを迎えた。新型では、デザインが刷新されるとともに、航続距離が伸び、自動運転技術が盛り込まれているのが特徴だ。

従来型では、1回の充電で280km走行することができたが、今回のフルモデルチェンジでは、JC08モードにおいて400kmの航続距離を実現。搭載されているリチウムイオンバッテリーも30kWhから40kWhへと増大した。

s_012_Nissan_Leaf
s_041_Nissan_Leaf

パワートレインも刷新され、最高出力110kW、最大トルク320Nmを発生する新型の「eパワートレイン」を採用。またアクセルペダルの操作だけで発進や減速、停止までをコントロールする「e-Pedal(eペダル)」が搭載されており、アクセルペダルから足を離すと回生ブレーキと通常ブレーキ双方を自動的に制御し、停止させることができるという。

これまでも自動ブレーキや車線逸脱を警告する装備が全車標準で備わっていたリーフだが、新型ではさらにパーキングでステアリングやアクセル、ブレーキ、ギアチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動で行う「プロパイロットパーキング」を搭載。車庫入れや縦列駐車が安全にできるようになったという。自動運転技術ではこのほかにも、高速道路の単一車線での自動運転技術「プロパイロット」なども盛り込まれた。