新型Eクラス クーペとAMG E 63を発表|Mercedes-Benz

新型Eクラス クーペとAMG E 63を発表|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz E Class Coupe|メルセデス・ベンツ Eクラス クーペ

Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+|メルセデスAMG E 63 S 4マティック+

新型Eクラス クーペとAMG E 63を発表

メルセデス・ベンツ日本は同社の中核モデルの「Eクラス」に3つ目のボディタイプとなるクーペと、Eクラス史上最速のE 63 S 4MATIC+を追加した。クーペの価格は682万円から、E 63 S 4MATIC+は1774万円である。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

4人が快適に乗車できるEクラス クーペ

新型「Eクラス クーペ」の最大の魅力はエクステリアデザインといっても過言ではないだろう。Eクラス クーペに伝統的に用いられてきた、Bピラーレスやサッシュレスウインドウは新型でも踏襲。そのうえで、ベルトラインを高くし、細く流麗なルーフラインによりエレガントさとともにスポーティさが強調された。

サイドデザインでの大きなポイントは、これまで全長が長いスポーツモデルに用いられてきたフロントフェンダーからなだらかに下がる“ドロッピングライン”が廃され、リア ショルダーは曲線のみで表現されたことだ。また、ベルトラインも控えめにすることで、シンプルでありながら光と影が強いコントラストを生み出し、彫刻的な造形を実現していると説明される。

s_002_Mercedes-Benz-E-Coupe

Mercedes-Benz E Class Coupe

s_006_Mercedes-Benz-E-Coupe

Mercedes-Benz E Class Coupe

リア周りは水平にトランクリッドにまで伸びる2分割構造のLEDリアコンビネーションランプが特徴だ。すでにセダンとステーションワゴンに搭載されている、夜間にリモコンキーで開錠すると、車幅灯が約3秒間青く点灯することで乗員を迎える“カミング ホーム ファンクション”に加え、新型Eクラス クーペには、リアにも同様の機能が加えられた。ドアを開錠すると、リアコンビネーションランプのLEDが車体中央側から 外側に向けて順に点灯。施錠時には反対方向に点灯するものである。

インテリアで最初に目につくのが2つの高精細 12.3インチワイドディスプレイだ。この2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイは、 空中に浮かんでいるように見え、インテリアデザインの水平方向の流れを強調する中心的要素となっている。

また、タッチコントロール機能がステアリングホイールに備えられた。これは、スマートフォンなどと同様にタッチセンス機能を内蔵したボタンで、縦方向および横方向のスワイプに反応する。メニュー項目の選択はスワイプ、確定はそのままボタンを押し込むことで、ドライバーはインフォテイメントの各機能の操作をステアリングから手を離すことなく簡単かつ機能的に操作することが可能になった。