メルセデスAMG GT コンセプトを発表|Mercedes-AMG

メルセデスAMG GT コンセプトを発表|Mercedes-AMG

CAR NEWS

Mercedes-AMG GT Concept|メルセデスAMG GT コンセプト

AMG第3のモデルの予告

メルセデスAMG GT コンセプトを発表

AMG発足から50周年を迎える今年、ジュネーブモーターショーにおいてメルセデスAMG「GTコンセプト」を発表した。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

F1由来のハイブリッドを搭載

メルセデスAMGは、ジュネーブモーターショーで4ドアクーペ「GTコンセプト」を公開した。メルセデス・ベンツ車両のチューニングではなく、AMG独自開発車両として「SLS AMG」「AMG GT」に続く第3のモデルへの予告である。

フロントは今年のグッドウッド フェスティバル オブ スピードで登場した「AMG GT R」にならい、クローム調の縦格子“パナメリカーナ グリル”を採用。このグリルはサイドが赤く塗られており、斜め方向から見るとクロームと赤の溶け合った色調となる。

Mercedes-AMG GT Concept|メルセデスAMG GT コンセプト
Mercedes-AMG GT Concept|メルセデスAMG GT コンセプト

グリルの下には“A-Wing”と呼ばれる、AMGの特徴的なリップスポイラーと、左右に大型のエアインテークが配される。センター及び左右のエアインテークには、同じくAMG GT Rの“AIRPANEL”からヒントを得たというシャッター機構が備わり、冷却効率とエアロダイナミクスを、時と場合に応じて最適にコントロールする。

上下に薄いヘッドライトにはナノ アクティブ ファイバー テクノロジーなどのLEDによる最新ライティング技術を投入。「Sクラス クーペ」以降メルセデスのクーペモデルに共通する、上下に薄く横に長いデザインのリアコンビネーションランプも、新しい放熱機構をもったLEDだ。