少ないEVと目立ったPHEVの関係|Geneva Motor Show

少ないEVと目立ったPHEVの関係|Geneva Motor Show

Lexus LS500h

CAR MOTOR SHOW

Geneva Motor Show 2017|ジュネーブ モーターショー2017 解析その3

意外と少なかったEVニューモデル
PHEVは2025年までの繋ぎなのか?

大盛況のうちに幕を閉じたジュネーブ モーターショー 2017年。その会場を巡った、南陽一浩氏によるリポートの最終回は、近未来を占うEVやプラグイン ハイブリッドたちについて。

⇒解析その1 スーパーカー篇
⇒解析その2 SUV篇

Photographs by Mochizuki HorohikoText by NANYO Kazuhiro

電動化への圧力はあるものの

ノルウェーとオランダが2025年に、ドイツが2030年に、内燃機関エンジンのクルマの販売を禁じる法案を決議したのは昨年のこと。今のところ法的拘束力はないとはいえ、CO2オフセットの流れはいよいよ内燃機関を社会的に締め出す方向にと、話題になった。ドイツのコンストラクターも協調して充電ステーションの整備に乗り出すことを2016年末に発表し、いよいよ欧州がEV時代に前のめりになるかのようなトーンだった。

ところがジュネーブ サロンが開幕してみれば意外や、欧州勢のハイエンドでBEV(純電気自動車)はBMW「i8」の追加モデルぐらいで、現実的にはプラグインを含めハイブリッドのニューモデルが多い。EVへのシフトという言説が信じられているなら、欧州のコンストラクターがのってくるはずだが、肩透かしといわざるをえない。むしろ目立ったのは、ポルシェ「パナメーラ ターボ S Eハイブリッド」や、フルモデルチェンジしたボルボ「XC60 T8」、BMW「530e」といった、プラグインハイブリッド勢(PHEVだ)。

BMW i8 Protonic Frozen Black Edition|ビー・エム・ダブリュー i8 プロトニック・フローズン・ブラック・エディション

BMW i8

Renault ZOE e-sport concept|ルノー ゾエ eスポーツ コンセプト

Renault ZOE

EVで見るべきところがあったのはコンセプトと商用車、そして普及車ぐらいだ。まずルノーは「ZOE e-スポール」を通じて、「サンク ターボ」や「クリオV6」時代のロジックを、EVにも当てはめて見せた。あえて市販車に目を移せば日本市場での展開はないであろう、ルノー「カングーZE」、同「マスターZE」、そしてプジョー「パートナー ティーピー」という、それぞれのEV版、そしてオペルから「アンペア-e」が登場したぐらいだ。モノスペース ルックのアンペア-eはNEDCサイクルで航続距離520kmを謳っているが、急速充電器や工事費は別売だ。