“月夜に映える” 日本向け限定車を12台限定販売|Bentley

“月夜に映える” 日本向け限定車を12台限定販売|Bentley

CAR NEWS

Bentley Continental GT V8S Mooncloud Edition|ベントレーコンチネンタル GT V8S ムーンクラウド エディション

“月夜に映える”日本向け限定車を12台限定販売

ベントレーモーターズジャパンは、日本向け限定車「コンチネンタル GT V8 S ムーンクラウド エディション」を12台限定で販売を開始した。価格は2,410万円。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

ディーラーからの要望で作られた12台

ベントレーの2ドアクーペ「コンチネンタル GT V8 S」をベースとした「コンチネンタル GT V8 S ムーンクラウド エディション」のコンセプトは“月夜に映えるクルマ”だ。そこでまずボディカラーはムーンビーム、月の光と呼ばれるシルバーと、もっとも黒らしい黒のオニキスのデュオトーン(ツートーン)をまとっている。ちなみに日本においては、クーペとして初めてデュオトーンを採用したモデルだという。

Bentley Continental GT V8S Mooncloud Edition|ベントレーコンチネンタル GT V8S ムーンクラウド エディション
Bentley Continental GT V8S Mooncloud Edition|ベントレーコンチネンタル GT V8S ムーンクラウド エディション

インテリアも同様に黒を基調としており、ベルーガという黒のハイド(革)にピアノブラックのウッドパネルを使用。さらに、クラインブルーという青の差し色が施された。これは、「ちょうど月夜に浮かぶ雲が青く光るイメージを表現している」と述べるのは、ベントレー モーターズ ジャパン マーケティングPRマネージャーの横倉典氏だ。そうすることで、エレガントな印象を与えている。

このクラインブルーがあしらわれるのは、シート、ダッシュボード、ドア、ステアリングに施されるステッチや、フロアマット、トランクのカーペットのパイピング。またセンターコンソールに設置されているブライトリング製アナログ時計のフェイス部分にも差し色が入るほか、シートの刺繍も同様である。