新型ベントレー ミュルザンヌに試乗|Bentley

新型ベントレー ミュルザンヌに試乗|Bentley

Mulsanne

CAR IMPRESSION

Bentley Mulsanne|ベントレー ミュルザンヌ

新型ベントレー ミュルザンヌに試乗

よりスポーティになったフラッグシップサルーン

今年3月のジュネーブモーターショーでお披露目された新型「ミュルザンヌ」。ベントレーによる最新のフラッグシップモデルの進化を確かめるべく、オーストリアはインスブルックで開催された国際試乗会で九島辰也が試乗した。

Text by TATSUYA Kushima

フロントの意匠がよりアグレッシブに

自身初のSUV「ベンテイガ」の登場で販売台数を伸ばしているベントレー。新たな領域に足を踏み入れたと言っても過言ではない。つい数年前まで、誰が背の高いベントレーを想像したであろうか。

その勢いに乗ってか、続いて進化を遂げたのがこの「ミュルザンヌ」である。ベントレーのフラッグシップモデルが、かなりイメージを変えて降臨した。

とはいえフルモデルチェンジではないので、パワートレーンに大きく手を加えてはいない。お馴染みの6.75リッターV8ツインターボは健在で、500psオーバーのパフォーマンスを見せる。標準で512ps、スピードで537ps。それぞれ最高速度は296km/h、305km/hに達する。もはやスーパーカーの数値だ。今回ここではZF製8段ATのプログラミング変更だけにとどまる。

Bentley Mulsanne|ベントレー ミュルザンヌ

Mulsanne

Bentley Mulsanne|ベントレー ミュルザンヌ

それじゃどこが変わったかというと、まずはフロントの意匠。これまでちょっと上品顔だったそれがかなり攻めの印象となった。左右に80mm広がったミュルザンヌ初採用の縦縞グリルと、ダイヤモンドの輝きをLEDで再現したというヘッドライトが雰囲気をつくる。

ただ、この縦縞の奥にマトリクスグリルが潜んでいるのを見過ごしてはならない。レーシーなスピリットはそこで表現される。左右の小さいライトはデイライトで、センターのボディ同色の円形が飛び出てヘッドライトにウォッシャー液をかけるというワザありだ。バンパーも大きく変わり、下部でグリルの形状をつなげる。しかもグレードによってディテールを変えているのだから恐れ入る。