CES 2017 リポート 前編|Consumer Electronics Show 2017

CES 2017 リポート 前編|Consumer Electronics Show 2017

BMWは昨年に引き続き、屋外に独立したパビリオンを設営した。中央には近未来のダッシュボード「HoloActive Touch(ホロアクティブ タッチ)」のデモンストレーション用キャビンが置かれた

CAR FEATURES

CEO 2017 前編

ラスベガスは、もう「自動運転車」がデフォルト

毎年1月に北米ラスベガスで開催されるコンシューマ エレクトロニクス ショー(CES)。コンシュマー エレクトロニクス分野では世界最大の見本市である同ショーにおいて、主役を務めるのはもちろん家電である。しかし、自動運転やコネクタビリティなど、最先端の電子技術がキーとなっている自動車業界においても昨今は重要なショーとなっており、各社がこぞって最新技術を披露している。今年のCESではどんなキーテクノロジーが紹介されたのか。さっそくリポートをお送りする。

Photographs Akio Lorenzo OYA / BOSE AutomotiveText by Akio Lorenzo OYA

今年のキーワードは「人工知能(AI)」「ビッグデータ」、そして「自動運転」

世界最大級の家電エレクトロニクスショー「CES2017」が、米国ラスベガスで2017年1月4日から8日まで催された。

今年50周年の節目を迎えたCESにおける最大の話題は、自動車メーカーの積極的な出展だった。とくに日本ブランドはトヨタ、日産、そしてホンダが出揃った。とくにトヨタとホンダは世界初公開のコンセプトカーを持ち込んで、華やかなブースを繰り広げた。自動車ブランドの主会場となった北パビリオンは、ちょっとしたモーターショー状態になっていたといっても過言ではない。

会場を見回してキーワードを挙げるなら「人工知能(AI)」「ビッグデータ」、そしてここ数年のテーマである「自動運転」だろう。

CES 2017 リポート 前編|Consumer Electronics Show 2017

フォルクスワーゲンは米国プレミアのEVコンセプト「I.D.」をアイキャッチにしながら、アマゾンの音声認識デバイス「Echo」を用いた車と家庭のシームレスネットワークを提示

CES 2017 リポート 前編|Consumer Electronics Show 2017

スマートハウス×自動車との連携を説明するヒュンダイのステージで。同社はシスコとクラウドベースのコネクティビティを研究中。また、世界初の車内CO2センサーもアピール。二酸化炭素が増えるとエアコンを自動調節するほか、リラックスできる音楽が選択されて流れる

筆者が拠点とするヨーロッパをみると、フランスでは2016年に販売された乗用車の4分の1がオートマチック(AT)車になったところだ(CCFA調べ)。イタリアにいたっては、近年ようやく15パーセントに達したところである(2013年UNRAE調べ)。背景には、「燃費がよくない」「運転が楽しめない」「高い割にリセールバリューが低い」といった旧来のATへの考えた方がいまでも根強くあるためだ。

そのため、毎回ヨーロッパから大西洋を越えてラスベガスに向かうのは、夢の国・天竺に向かった西遊記の三蔵法師のような心境になる筆者である。