トヨタ、ドライバーの感情を理解するコンセプトモデルを発表|Toyota

トヨタ、ドライバーの感情を理解するコンセプトモデルを発表|Toyota

CAR NEWS

Toyota Concept-愛i|トヨタ コンセプト アイ

トヨタ、ドライバーの感情を理解するコンセプトモデルを発表

トヨタ自動車は、1月5日より8日まで米国ラスベガスで開催されている世界最大の家電見本市「2017 International CES」で人工知能技術を搭載したコンセプトカー「Concept-愛i」を発表した。

Text by YANAKA Tomomi

AIが安全運転や楽しいドライブをサポート

クルマがドライバーを理解し、モビリティ社会の未来像を具現するとして発表された「コンセプト愛」。最新の人工知能(AI)技術を応用し、自動運転はもちろんのこと、ドライバーの嗜好を推定し、状況に応じた対応や会話ができることが最大の特徴となる。

コンセプト愛では、エージェントと呼ばれるAIがドライバーの感情や疲労度、覚醒状態を把握。状況に応じて車内の色調を変えたり、触覚などの五感に働きかけ、より安全運転に誘導するほか、ドライバーのストレスを把握し、運転に不安を感じたドライバーには自動運転モードへの切り替えを提案するなど、見守ったり、助け合うことが可能だとトヨタでは謳う。

Toyota Consept-愛i|トヨタ コンセプト アイ
Toyota Consept-愛i|トヨタ コンセプト アイ

さらに、ドライバーの気持ちを先回りした提案もできるようになるといい、ドライバーの感情や覚醒状態に応じて、ドライバーに合わせた話題や関心の高いニュースをクルマ側から提案するなど、双方向の自由会話が実現するという。

また個人の感情や嗜好性を集積し、ビッグデータを活用した「エモーション マップ」により、少し遠回りしても楽しめるルートの提案などもしてくれるそう。

車両デザインは、トヨタの米国デザイン拠点「キャルティ デザイン リサーチ」が担当。インパネ中央部に位置するエージェントを起点としながら車体外装にまでインパネの意匠が連続するスタイリングを採用し、内外装の一体化がはかられた。ドアはシザードアで、パワートレーンはEVなどゼロエミッションを想定しているという。

このコンセプト愛は数年のうちに公道実証実験が計画されており、今回の出展内容の一部を搭載した実験車両が日本の都市を走行する予定だ。