1・5リッター3気筒を搭載する新型BMW 318iに試乗|BMW

1・5リッター3気筒を搭載する新型BMW 318iに試乗|BMW

写真のセダンは318i Sport(467万円)

CAR IMPRESSION

BMW 318i|ビー・エム・ダブリュー 318i

1.5リッター3気筒を搭載する新型BMW 318iに試乗

コストパフォーマンスで選ぶなら318i

スポーティなセダン(ワゴンも)として名高いBMW「3シリーズ」に、1.5リッター3気筒ターボユニットを搭載モデルが追加された。走りと環境性能を両立させていると謳われる同車は、はたしていかなるクルマなのか。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

期待に応える気持ちのいい走り

エンジン排気量を小さくする。気筒数を減らす。いわゆるダウンサイジングは定着した感があるが、今回はかなり驚いた。BMWが3シリーズに1.5リッター3気筒エンジンを載せてしまったからだ。

3シリーズというと従来は比較的高い出力で走りが楽しめるスポーティセダンというイメージがあった。ゆえに1.5リッターで大丈夫なのかな?と興味半分、(ファンとしては)不安半分である。

BMW 318i Sedan|ビー・エム・ダブリュー318i セダン
BMW 318i Sedan|ビー・エム・ダブリュー318i セダン

他社でもフォルクスワーゲンはサイズがほぼ同じ(というか全長で140mmも長い)パサートに1.4リッターを載せている例がある。BMWには勝算があるのだろうか。それとも走行キロあたりに排出されるCO2の量を抑制する規制クリアのためのガマングルマ?

はたして「318i」と名づけられた1.5リッターモデル。予想に反してというべきか期待に応えてくれたというべきか、気持ちよく走るのだ。

318iといえば従来からの一種伝統的なモデル名。それだけを聞けば2リッターの4気筒を連想してしまう。ひょっとしたら今回も318iを使ったのは、従来からのイメージを利用して1.5リッター3気筒という小さなエンジンを載せている事実を隠すため?なんて邪推も働くが、乗ってみれば、堂々と315iでいいではないか、と思う出来だ。

2016年秋に日本発売された318iはプラグインハイブリッドやクリーンディーゼルに連なる、走りと環境性能を両立させたモデルと同社ではする。

BMW 318i Sedan|ビー・エム・ダブリュー318i セダン

写真の318i Sportの外板色メディテラニアンブルーはオプション

BMW 318i Sedan|ビー・エム・ダブリュー318i セダン

1,498ccの3気筒エンジンはコンパクトハッチバックの「118i」やSUVの「X1」に用意されているものだ。100kW(136ps)の最高出力と220Nmの最大トルクを発生するいっぽう、燃費は17.2km/ℓ(JC08モード)と発表されている。

今回はセダン(409万円から)とステーションワゴンのツーリング(431万円から)ともに3気筒搭載の「318i」が用意された。走りと価格のバランスからいえば後輪駆動のハッチバック「1シリーズ」(118iで310万円から)という魅力的なモデルもある。しかし余裕あるボディサイズや快適性など勘案すると3シリーズには独自の魅力がある。