1シリーズのエントリーモデルに3気筒エンジンを搭載|BMW

1シリーズのエントリーモデルに3気筒エンジンを搭載|BMW

CAR NEWS

BMW 118i|ビー・エム・ダブリュー 118i

1シリーズのエントリーモデルに3気筒エンジンを搭載

ビー・エム・ダブリューは、もっともコンパクトな「1シリーズ」に、最新の1.5リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載した「118i」を追加し、9月5日より販売を開始する。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

燃費が10パーセント向上

BMWのコンパクトハッチバック「1シリーズ」のエントリーモデルとして、1.5リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載したあらたな「118i」が導入される。この3気筒エンジンは、BMWグループがあらたに開発した1気筒あたり500ccの排気量をもつモジュラーエンジンで、つい先ごろ国内導入が発表されたあたらしい「3シリーズ」でも4気筒、6気筒で採用されている。

3気筒としては、すでに「2シリーズ アクティブツアラー」などで採用実績のあるこのエンジン、最高出力100kW(136ps)/4,400rpm、最大トルクは220Nm(22.4kgm)を1,250rpmという低い回転数から4,300rpmまでの広い範囲で発揮する。組み合わされるトランスミッションは8段オートマチックだ。

JC08モードにおける燃費は、従来の1.6リッター4気筒モデルとくらべて10パーセント向上した18.1km/ℓ。「平成32年度燃費基準」および「平成17年排出ガス基準75パーセント低減レベル(★★★★低排出ガス車)」を達成し、自動車取得税で60パーセント、重量税が50パーセント、そして翌年度の自動車税も75パーセントのエコカー減税を受けることができる。

価格は、ベーシックな「118i」が298万円、「118i スポーツ」と「118i スタイル」が338万円、「118i Mスポーツ」で358万円。すべて右ハンドルのみとなる。

BMW 118i|ビー・エム・ダブリュー 118i
問い合わせ先

BMWカスタマー・インタラクション・センター

0120-269-437(平日9:00-19:00/土日祝 9:00-18:00)