6車種一気試乗「ワールド カー アワード」|World Car Award 2017

6車種一気試乗「ワールド カー アワード」|World Car Award 2017

CAR FEATURES

World Car Award 2017|ワールド カー アワード 2017

ワールド カー アワード試乗会

グローバルモデル6車種一気乗り

その年の代表モデルを決める「ワールド カー アワード」は、2004年からはじまった賞で、世界中の自動車ジャーナリストたちによる非営利団体が運営し、グローバルモデルのみを対象とするのが特徴だ。そのワールド カー アワードの選考会が今年も行われ、日本から参加した選考委員のひとり、河村康彦氏が、国内ではなかなか乗る機会のない車両を中心に試乗した。

Text by KAWAMURA YasuhikoPhotographs by SATO Yasuhiko

なかなか乗る機会のないモデルを中心に選定

世界複数のマーケットで販売される最新のグローバルモデルを、選考委員である各国ジャーナリストがあらゆる角度から検証。さまざまな項目から直近1年を代表するにふさわしい1台を選出するのが、2004年に創設をされた「ワールド カー アワード」だ。

毎年春に開催されるニューヨークモーターショー。そこでのイヤーカー発表に向けた試乗会が、今年も開催された。舞台は昨年同様、アメリカはロサンゼルス北東に位置するパサデナのホテル。同じタイミングで開催されているロサンゼスルモーターショーに世界各地から訪れた審査員を対象に、今年はノミネート車両のなかから25モデルが一堂に集められての、トータル5日間に及ぶ大試乗会となった。

World Car Award 2017|ワールド カー アワード 2017
World Car Award 2017|ワールド カー アワード 2017

日頃からニューモデルに触れる機会は多いジャーナリストたちも、“地元”で販売されているモデル以外をテストドライブできるチャンスにはなかなか恵まれないもの。それゆえ、日本からの選考委員のひとりである当方も、可能な限り多くのモデルを、しかし決して“チョイ乗り”には留まらない範囲でチェックすることを心がけつつ、用意されたテスト車両を次々と乗り換えた。

すでに日本で発売済みのモデルや、海外試乗会で乗っているモデルは除外をしつつ、個人的に気になっていたのは、日本ブランドながら国内では発売をされていないため、試乗の機会が得られていなかったマツダのフラッグシップSUV「CX-9」や、やはりまだ公道試乗のチャンスがなかったUSでの名称が「プリウス プライム」こと「プリウス PHV」などがメイン。

さらには、広島のマツダ工場製ながら国内発売の予定はないというフィアット「124スパイダー」や、日本では近い将来に次期「スカイライン クーペ」として発売されると目されるインフィニティ「Q60」。また、わざわざこのイベントのためにヨーロッパ仕様車がそのまま持ち込まれたフォルクスワーゲン新型「ティグアン」や、アメリカきってのプレミアムブランドの作品であるキャデラック「XT5」なども、興味津々でテストドライブを行った。