新型プリウスに試乗|TOYOTA

新型プリウスに試乗|TOYOTA

CAR IMPRESSION

Toyota Prius|トヨタ プリウス

新型プリウスに試乗

楽しむために乗る意味のあるクルマ

昨年12月9日にデビューした新型プリウス。4代目となる今回のモデルでは、TNGAと称されるトヨタの新プラットフォームやリチウムイオンバッテリーが初採用されるなど、大きな進化を遂げているという。モータージャーナリスト、小川フミオ氏がさっそく試乗した。

Text by OGAWA Fumio Photographs by TSUKAHARA Takaaki

新世代開発における眼目

結論を先に書くと、初めて「プリウス」が欲しくなった。2015年12月に発売された4代目プリウスは、試乗すると、それほどよく出来ていると感心するのだ。

新型プリウスは、プラグインハイブリッド化せず、従来どおり、1.8リッターエンジンに電気モーターを組み合わせる。72kW(98ps)の最高出力と142Nmの最大トルクを出すエンジンと、163Nmの最大トルクを出すモーターとを組み合わせている。

エンジンは、吸気ポートの形状変更や、燃焼効率向上のためにインテークマニフォルドにおおけるEGR分配経路の構造変更などを実施。最大熱効率40パーセント達成を実現。これにさらに高効率化したハイブリッドシステムを組み合わせることで、燃費は最高で40.8km/ℓ(JC08モード)を実現している。

バッテリーは、一部車種にはリチウムイオン電池が用意されたが、併売される従来のニッケル水素と、性能的には同等という。

TOYOTA PRIUS A Premium|トヨタ プリウス A プレミアム
TOYOTA PRIUS A Premium|トヨタ プリウス A プレミアム

燃費の向上は、従来からのプリウスの路線継承だ。いっぽう、まったく新しい、特筆すべき特徴がある。TNGAと称されるトヨタの新しいプラットフォームが、4代目で採用されたのだ。

なぜ、新しいプラットフォームが、新型プリウスの最大の特徴なのか。それこそ、まさに“乗ればわかる”といいたい。「トヨタ ニュー グローバル アーキテクチャー」と名づけられた新世代のプラットフォーム(クルマの土台となる部分)を開発した結果、ハンドリングがすばらしく向上し、乗るのが楽しいクルマに仕上がっている。

TOYOTA PRIUS A Premium|トヨタ プリウス A プレミアム
TOYOTA PRIUS A Premium|トヨタ プリウス A プレミアム

新型プリウスに、従来のプリウスから乗り換えると、違いが歴然としているのに驚くほどだ。ドライビングポジションがじつに自然なのだ。3代目プリウスではステアリングホイールを寝かせ気味と感じられたが、新型は、シートにおさまって、すっと手を伸ばしたところに、自然な角度でステアリングホイールがある。

「従来のプリウスの弱みは、走りの楽しさと乗り心地にあったと分析しました。それを克服するのが、新世代開発における眼目のひとつでした」と開発エンジニアは説明してくれた。座っただけで新しい(気持ちいい、というべきか)と感じられる新型プリウスは、まったく別モノに仕上がっていた。