九島辰也が語る、ベントレー ベンテイガの真価|Bentley

九島辰也が語る、ベントレー ベンテイガの真価|Bentley

CAR FEATURES

Bentley Bentayga|ベントレー ベンテイガ

九島辰也が語る、ベントレー ベンテイガの真価

世界の富裕層を満足させる内容の持ち主

2015年9月のフランクフルトモーターショーでデビューし、今年、日本にも導入された、ベントレー初となるSUV「ベンテイガ」。現行市販SUV最高峰を標榜するパフォーマンスや、存在感のあるスタイリング、そして贅を尽くしたインテリアなど、高い評価を得ているのはご存じのとおり。幸運にもアメリカはカリフォルニア州パームスプリングの山中で同モデルに試乗したことのあるモータージャーナリスト、九島辰也氏が、あらためてその真価を考える。

Text by KUSHIMA Tatsuya

各国で多くのアワードを受賞

2015年秋のフランクフルトモーターショーでベールを脱いだベントレー初のSUV「ベンテイガ」。日本では2016年6月に正式発表が行われたのも記憶に新しい。世界の各マーケットでアナウンスされる都度、ベンテイガはベントレーのこれまでのモデル以上に話題となっているようだ。

Bentley Bentayga |ベントレー ベンテイガ
Bentley Bentayga |ベントレー ベンテイガ

評価の多くはハードウェアとソフトウェアの両面にある。「世界最速のSUV」とか、「世界で最も豪華なSUV」といったキャッチコピーが躍る。そしてそれに反応するようにバックオーダーが入り、ベントレーは2016年に5,500台以上生産すると発表した。これは生産量を当初より増やし、顧客の待ち時間を短縮させるためだという。ベントレーモーターズの会長兼CEOのヴォルフガング・デュルハイマー氏は、「すでに56のマーケットでデリバリーを開始、顧客の手に届きはじめている」と2016年11月にコメントした。

そんなベンテイガはメディアの反応がいいことからもわかるように、多くのアワードを受賞した。ラグジュアリーメディアで知られるロブレポート英国版では「SUV of the year」に、オートカー英国版では「Game Changer」賞に輝いた。また、中国、中東、シンガポールでもそれぞれのメディアで高く評価され賞を授与されている。かなり限られたマーケットに向けての商品コンセプトではあるのだが、それ以上に存在感は示されているようだ。