祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.15 篠山紀信さん、クリスチャン・ルブタンさん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.15 篠山紀信さん、クリスチャン・ルブタンさん

祐真朋樹対談

Page. 1

10年ほど前、パリのランカスターホテルのレストランでデヴィッド・リンチとクリスチャン・ルブタンがランチをしている光景を目撃した。僕がその時誰とランチに行ったかは憶えていない。ただただ二人が発する強いオーラとその取り合わせの妙に衝撃を受け、しばらくその光景が頭から離れなかった。数年後、デヴィッド・リンチが撮影したルブタンのイメージヴィジュアルが発表された。僕の脳裏には即、ランカスターホテルのランチの光景が蘇った。ルブタンのヒールは、いつ見ても惚れ惚れする。挑発的な形と色使いでありながら、身につけると女性の体に無理なく馴染むデザイン。その力はどこから生まれているのだろうか?ここ5年ほど、僕は篠山紀信さんと仕事をさせて頂く機会が増えた。巨匠からの誘いを受けるのはとても嬉しい。なんといっても巨匠はベリー・チャーミングな人だから、一緒にいて楽しいのである。そして、みなさんご存じの通り、写真が上手い……なんて、僕が言うのは僭越至極なのだが、素晴らしい作品が目の前で出来上がっていくライブ感が爽快そのものなのである。2015年の暮れから撮影を開始した、原美術館とのプロジェクト「快楽の館」も、巨匠にお声掛け頂いたもの。僕はいくつかのブランドの下着や靴を用意して撮影に挑んだ。でも撮影2日目を迎えると、「裸が一番いい。ただし靴だけは履かせたい。それもルブタンがいい」という思いが僕の中で膨らんできた。そして、「巨匠もきっとルブタンの靴以外はいらないんじゃないかと思っているに違いない」と感じ始めた。裸の女にルブタンの靴。このコンビネーションの魅力は、国を超え、世代を超えて、もしかして性別をも超えて、訴えてくるものなのかもしれない。「裸にルブタン」は、僕が考え得る最強のヌードタッグだ!そんな巨匠の最強のヌード写真が、歴史あるエレガントな美術館で展示される。この素晴らしい空間を、是非!ルブタン氏に見て欲しい。それも巨匠と一緒に。二人に何かを共有してもらえたら、これほど喜ばしいことはないではないか!と考え、この企画と相成った。(文/祐真朋樹)

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by HATA Junji (Cyaan)Text by HATAKEYAMA Satoko

ヌードと靴の自然で美しい一体感

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 今日はお忙しいお二人に貴重な時間を割いていただき、ありがとうございます。まずは、ルブタンさんに写真展についての感想をうかがえたらと思います。

クリスチャン・ルブタンさん(以下、ルブタン) この写真展が話題になっていることは耳にしていましたし、事前にいくつかの作品もインターネットなどで拝見していたので、ここにうかがえるのを楽しみにしていました。そして今日、実際に篠山先生の作品を目の前にして思ったのは、様々なサイズで作品が展示されていることでヌードの美しさがより際立っているということです。よく一緒に仕事をする写真家のヘルムート・ニュートンもヌードと靴を題材にしていますが、篠山先生は同じ題材でも全く違う視点で撮っているのだということも強く感じました。

_1DS2271

さきほど館内を案内していただいた際にも解説していただきましたが、ヌードを撮る際の感情やモデルの個性の表現方法についても非常に興味深かったです。

祐真 なるほど。ルブタンさんは今回の展示方法が、作品の美しさをより際立たせていたと感じられたわけですね。篠山先生はそのあたりはいかがですか。

篠山紀信さん(以下、篠山) サイズ感についてはそんなに意識はしていませんでしたが、ルブタンさんの視点は面白いなと思います。私自身が見ていただく方にいちばんに感じてもらいたかったのは、自分が今立っている場所に裸のモデルが立って、まさにその場所で撮られたのだという事実。過去と現在が入り乱れて不思議な気持ちになるのは、この美術館が80年前に建てられた建築物だということと元は私邸だということも密接に関係しています。そういう場だからこそ、他にはない特別な雰囲気が出るとも思っています。

ルブタン おっしゃる通りだと思います。私も建築が好きですが、単に写真を見るだけではそのスケール感はなかなかわかりづらいものです。実際にここを訪れてみると、建築物自体が美しいのはもちろんですが、建物とヌードが融合された作品が展示されていることで全体のスケール感がよくわかりますし、この空間がより引き立っています。バランスがすごくいいのでしょうね。館内のいたるところでヌードを撮り、その場所に展示をしているということも、面白さを引き立てる重要な要素になっていますよね。

篠山 そうなんです。そこは私が狙ったところでもあるんです。

ルブタン それはやはり篠山先生が類稀なる才能をお持ちだからこそなのでしょう。以前、ロシアのボリショイ劇場に行ったことがあるのですが、そこは舞台の奥行きが80メートルもあったんです。その場所で人物写真を撮りたくて、私としては写真を撮ればその奥行きが出るだろうと思っていたらそんな簡単なものじゃなく、全く奥行きが感じられない写真になったことがあります。ですので、なおさら「美しさ」と「スケール感」というのは深い関わりがあるのだと感じましたし、プロの写真家の手にかかるとこんなにも美しく表現できるのかと、今日の体験を含めてとても強く感じています。

_1DS2271
_1DS2271

祐真 ところで、今回の展覧会に登場したモデルは、ほとんどがルブタンさんの靴を履いています。ご覧になってどう感じましたか。

ルブタン 私は、24年前から自分の名前でブランドを立ち上げて靴を作っていますが、最初は着飾るための靴、いわゆるドレスシューズだけを作っていました。そのうちにアンドレス、すなわちヌードに近いようなシンプルな靴も作るようになったのですが、本日拝見した作品では、ドレスシューズじゃない靴を選んでいただいていましたね。シューズだけが目立つということでもなく、ヌードと自然に一体化していてとても美しいと感じました。

祐真 ヌードと靴の「一体感」は、僕自身がスタイリングで最も強調したかったところでもあります。撮影当日はいくつか他のブランドの靴も用意していたのですが、結果的にほとんどがルブタンさんの靴になりました。この撮影ではルブタンさんの靴が裸の女性にすごく合うということを改めて知ることができましたし、出来上がった作品も美しく感動的でした。

Page02. 靴は女性を引き立てるものでありながら、消えるものでもある

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]