神秘的な光を体感できる個展「吉岡徳仁 スペクトル」が開催|ART

ART|神秘的な光を体感できる個展「吉岡徳仁 スペクトル」が開催

ART TOKYO Tips

ART|光がもたらす感覚を追求

吉岡徳仁が生み出す虹の光線

吉岡徳仁氏の個展「吉岡徳仁 スペクトル」が2017年1月13日(金)~3月26日(日)の期間、資生堂ギャラリーにて開催される。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

新作「スペクトル」のインスタレーションを発表

吉岡徳仁氏は、デザイン、アート、建築など幅広い領域において、自由な発想と実験的なテクノロジーから生み出される作品により、国内外で高く評価されている。これまで自然と人間の関係性に着目し、光がもたらす感覚を追求し研究を重ねてきた。

2013年、東京都現代美術館で開催された個展「TOKUJIN YOSHIOKA_Crystallize」では、プリズムによって作られた「虹の教会 -Rainbow Church」を展示。

また2011年に開催された「第54回 ヴェネチア ビエンナーレ国際美術展」では、建築プロジェクト「ガラスの茶室 – 光庵」を発表し、2015年に京都の重要文化財である天台宗青蓮院門跡境内将軍塚青龍殿の大舞台に設置された。そのガラスの茶室と自然の光が一体化することで、感覚の中に存在する日本文化の本質を見ることを試み、世界の注目を集めた。

yoshioka-spectrum_008
yoshioka-spectrum_006

本展では自然と科学、そしてテクノロジーによって生み出される無限の色が創り出す光が空間全体を満たし、神秘的な光を体感できる新作インスタレーション「スペクトル」を発表する。

光を透明な多面体プリズムの彫刻を介することで分散させ、虹色の光線となってスペクトルが放たれる。その力強く美しい光景は、観る者を魅了する。

吉岡徳仁 スペクトル
会期|2017年1月13日(金)~3月26日(日)
会場|資生堂ギャラリー
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビルB1F

問い合わせ先

吉岡徳仁デザイン事務所

http://www.tokujin.com/