ジャン・ルソーCEO ジャック・ボルディエ氏インタビュー|JEAN ROUSSEAU

JEAN ROUSSEAU|ジャン・ルソーCEO ジャック・ボルディエ氏インタビュー

WATCH&JEWELRY FEATURES

JEAN ROUSSEAU|ジャン・ルソー

高級時計ストラップ市場世界シェア40%を誇るジャン・ルソーCEOが提案。

街ナカで、オフィスで、視線を引き寄せる
ビジネスワードローブの新たなるコーディネイト(1)

「あのスマホケース、素敵だなぁ」。スレ違いざまに一瞬、目に飛び込んできた光景も、意外と深く記憶に残るものである。それにしても手元に統一感がある……。スマホケースと時計ストラップを同素材でコーディネイトしているのだから当然だ。スマホも腕時計も、ビジネスシーンで幾度となくひと目に触れるものだけに、個性を演出する手段に大いになり得る。ジャン・ルソーCEO、ジャック・ボルティエ氏はブルー好きであり、コーディネイトをブルーでまとめるのが彼のスタイルである。

Photographs by OHTAKI KakuText by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)

洒脱者であれ。自分らしくあれ。

ビジネスマンのたしなみとして、腕時計のストラップをオーダーする行為が静かなブームを呼んでいる。慣れ親しんだモデルも、ストラップを交換するだけで、新たな雰囲気に生まれ変わるからだ。その習慣を広めたのがフランスのレザーメーカー「JEAN ROUSSEAU(ジャン・ルソー)」。このブランドはCamille Fournet(カミーユ・フォルネ)やHIRSCH(ヒルシュ)などと並び、スイスの高級時計メーカーに向けて高品質なレザーストラップを提するの3大ファクトリーブランドのひとつである。

採寸により完璧なバランスを導くオーダーストラップは、腕に着けたときにバックルが時計本体に対して真後ろにくる。ゆえに時計本体の収まりがよく、腕に着けたときの馴染みがいい。穴はもちろん、ひとつ穴。バックルからはみ出るストラップの長さも、黄金比のごとくパーフェクトなバランスとなる。

そのジャン・ルソーが昨今提案するのが、スマホケースと腕時計ストラップを同素材で揃えるビジネスワードローブのスタイリングだ。ジャン・ルソーCEOのジャック・ボルティエ氏はこう話す。

「過去には時計ストラップとパンツのベルトを揃えたり、あるいは靴を揃えたりしたものですが、その延長線上の考え方です。最近は、スマホもビジネスアイテムのひとつとなり、得意先でもスマホを取り出すシーンがよく見られますから」

02

ジャック・ボルティエ氏

ジャン・ルソーは、1954年に創業。ハンドメイドによる最高級の仕立てを貫いてきた時計ストラップ専業メーカーである。そのジャン・ルソーが、直営ブティックをオープンさせたのは、6年前。現在はパリ、ロンドン、東京、ニューヨーク、マカオで直営ブティックを設け、上顧客のリクエストに応える形で、スマホケースやカバンなども手掛けるようになった。もちろん、時計ストラップとのコーディネイトのためである。

「もうひとつ、時計ストラップと名刺入れをコーディネイトするのもいいですね。はじめての挨拶でビジネスカードを交わす際に、必ず相手の手元に注目します。その目線の先に素敵なコーディネイトがあれば、好印象を引き出せるのではないでしょうか」

ちなみに下は、時計ストラップと長財布とのコーディネイト例である。素材はアリゲーターであるが、ジャン・ルソーは、この素材だけで300色のカラーバリエーションを誇る。他ブランドを圧倒するカラー展開は、自社でタンナーを保有している証だ。アースカラーから、エナメルのように艶やかなものまで、このブランドほど自由にカラーを選べるブランドはない。

そこで気になるのは価格だが、じつは既製品と比べて大きくは変わらないのだ。製作日数2〜3週間(オーダー受注状況による)が待てるならば、自分に完璧にフィットするモデルが手に入る。

02

左:アリゲーター素材を用いた腕時計ストラップ4万円(税別)〜。
右:同じく、アリゲーター素材を用いた長財布19万5000円(税別)〜。

Page02. 革素材も、話題のスマホと同じく防水仕様