プラグインハイブリッドとAMG 43、2モデルの「GLC」を追加|Mercedes-Benz

プラグインハイブリッドとAMG 43、2モデルの「GLC」を追加|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz GLC 350e 4MATIC Sport

CAR NEWS

Mercedes-Benz GLC 350e 4MATIC Sport|メルセデス・ベンツ GLC 350e 4マティック スポーツ

Mercedes-AMG GLC 43 4MATIC|メルセデスAMG GLC 43 4マティック

PHVとAMG 43、2モデルの「GLC」を追加

メルセデス・ベンツ日本は9月9日(金)、ミドルサイズSUV「GLC」に、プラグインハイブリッドの「GLC 350e 4マティック スポーツ」とAMGモデル「AMG GLC 43 4マティック」を発表。販売を開始した。

Text by YANAKA Tomomi

走行しながら回生ブレーキなどでフル充電が可能

先代「GKL」の後継モデルとして、今年2月に日本に上陸した「GLC」。名が示す通り、Cクラスの車格をもったミドルサイズSUVで、これまで2.0リッター直列4気筒ターボを用い、内外装や装備の異なる「GLC 250 4マティック」など3モデルを展開してきた。

新たに投入された「GLC 350e 4マティック スポーツ」は「GLC 250 4マティック」などと同じ最高出力155kW(211ps)、最大トルク350Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒ターボエンジンと、最高出力85kW(116ps)、最大トルク340Nmを発生し、ブースト機能をあわせもつ電気モーターの組み合わせたプラグインハイブリッドモデルだ。

Mercedes-Benz GLC 350e 4MATIC Sport|メルセデス・ベンツ GLC 350e 4マティック スポーツ

Mercedes-Benz GLC 350e 4MATIC Sport

Mercedes-Benz GLC 350e 4MATIC Sport|メルセデス・ベンツ GLC 350e 4マティック スポーツ

Mercedes-Benz GLC 350e 4MATIC Sport

システム全体で235kW(320ps)、最大トルク560Nmを発生し、ガソリンエンジンと電気モーターを状況に応じて使い分けることができ、電気モーターのみでも約30kmの航続が可能。走行中も回生ブレーキなどでバッテリーの充電を行えるので、充電設備がなくても電気モーターのみでの走行も可能だという。

バッテリーは8.31kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。フル充電まで、走行しながらバッテリーを充電する「CHARGE」モードで1時間以内、AC200V電源使用で約4時間となる。