メルセデスの最新SUV「GLC」に試乗|Mercedes-Benz

メルセデスの最新SUV「GLC」に試乗|Mercedes-Benz

CAR IMPRESSION

Mercedes-Benz GLC250|メルセデス・ベンツ GLC250

メルセデスの最新SUV「GLC」に試乗

死角のないSUV

日本に導入されたばかりのメルセデス・ベンツの新たなミドルサイズSUV「GLC」。CクラスのSUV版であり、「GLK」の実質的な後継モデルとなる同モデルに試乗した。

Text & Photographs by OGAWA Fumio

GLEから大きくイメージチェンジ

2016年はSUVイヤーと、大いに気炎を揚げるメルセデス・ベンツ日本が、2月に導入したメルセデス・ベンツ「GLC250」。「GLK」の後継モデルであり、現在のラインナップにおいては、「GLA」と「GLE」のあいだに位置づけられる。「Aクラス」と「Eクラス」のあいだにある「Cクラス」に対応するポジションだ。

本国ではラインナップも豊富なGLC。日本ではまず、211ps(155kW)の2リッター4気筒ガソリンエンジン搭載の「GLC250 4MTIC」が発売された。追って、2016年内にプラグインハイブリッドモデル、17年にクリーンディーゼルモデルが追加される予定とのことだ。

Mercedes-Benz GLC250|メルセデス・ベンツ GLC250
Mercedes-Benz GLC250|メルセデス・ベンツ GLC250

GLC250は、GLKのフルモデルチェンジになるが、イメージはだいぶ異なる。GLKは角張ったクロスカントリー型4WD的なスタイルだった。GLCはだいぶ曲面的な印象で、「Cクラス」を思わせる。ステーションワゴンとSUVの中間的な、いわゆるクロスオーバー型のスタイルが特徴的だ。ハンドル位置もGLKが左のみだったのに対してGLCは右になった。

車体寸法はGLKより少しずつ大型化している。ホイールベースが1,200mm延びるとともに、全長がプラス110mm、全幅が同50mmと、ボディサイズには余裕が出ている。それでもCクラスよりは30mmほど短い。ボディの特徴は前後のオーバーハングをできるだけ切り詰めているところにある。それで荷室容量は550リッター。GLKより100リッターも拡大している。

GLC250の4MATICは、フロントに33パーセント、リアに67パーセントのトルクを常時配分する固定式のフルタイムシステムである。ここまで後輪への配分が多いと、いっそオンデマンド式といって、路面のコンディションがよくないときだけ前輪を駆動する4WDシステムを採用したほうがいいのではないかとも思う。

しかしそれでは、滑ったときの一瞬に対応できない(のでより安全な走行を考えてフルタイム4WD方式採用)と、メルセデス・ベンツ日本の担当者は説明している。

走りは、かなり気持ちがいいのでびっくりした。

Mercedes-Benz GLC250|メルセデス・ベンツ GLC250