新ミドルサイズSUV「GLC」デビュー|Mercedes-Benz

新ミドルサイズSUV「GLC」デビュー|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz GLC 250 4MATIC

CAR NEWS

Mercedes-Benz GLC|メルセデス・ベンツ GLC

新ミドルサイズSUV「GLC」デビュー

メルセデス・ベンツ日本は、新たなミドルサイズSUV「GLC」を2月9日(火)より販売開始する。CクラスをベースにしたSUV「GLK」の実質的な後継モデルだ。

Text by OHTO Yasuhiro

Cクラス譲りのエクステリア

昨秋に開催された東京モーターショーで参考出品された新型プレミアムSUV「GLC」がついに日本デビューを果たした。GLCは、2008年に発売された「GLK」の後継車種にあたる。GLKの末尾の「K」はドイツ語で「ショート」を意味していたが、新モデルは、SUVを示す「GL」に、車格と装備内容がCクラスと同等であることを示す「C」の文字を加えたネーミングが与えられた。

タフネスさを強調していた先代のGLKだが、新型は「Cクラス」や「Sクラス」との共通性を感じさせるグラマラスなスタイルリングを纏う。この流麗なスタイルは、空力特性にも優れており、SUVながらCd値0.31を達成。風切音の減少や燃費効率にも貢献する。

Mercedes-Benz GLC 250 4MATIC|メルセデス・ベンツ GLC 250 4マティック
Mercedes-Benz GLC 250 4MATIC|メルセデス・ベンツ GLC 250 4マティック

ボディサイズは、名称のCが示すように、Cクラス並のサイズ感が実現しており、GLC 250 4MATICで全長4,660mm×全幅1,890mm×全高1,645mm。ステアリングの切れ角を大きく取ることで最小回転半径は、5.7メートルを達成し、さらに日常での使い勝手を考慮し、全車右ハンドルとした。

インテリアのデザインは、Cクラスに準じたもの。装備内容も8.4インチモニターを備えるHDDナビゲーションシステム付きCOMANDシステムや360度カメラシステム、ダイナミックセレクトなどを揃える。

GLKと比べると、全高が高められたことで頭上空間が広がり、さらにシート幅なども拡大させ、余裕のある空間を得た。特に後席はレッグスペースがGLKと比べて57mm広げられており、居住性だけでなく乗降性も向上されている。またラゲッジスペースは、通常でも550リッターを確保し、最大で1,600リッターまで拡大可能。後席は40:20:40の3分割可倒式となるので、乗員数や荷物に合わせて調整が可能だ。