マセラティ初のSUVいよいよ日本発売開始|Maserati

マセラティ初のSUV、いよいよ日本発売開始|Maserati

CAR NEWS

Maserati Levante |マセラティ レヴァンテ

マセラティ初のSUV、いよいよ日本発売開始

マセラティ ジャパンは5月10日、同ブランド初のSUVとなる「レヴァンテ」を日本で発表、発売を開始した。ラインナップは、3リッターV6ターボのガソリンエンジン搭載車が2モデルと、同じく3リッターV6ターボディーゼルが1モデル。ガソリンエンジンモデルのデリバリー開始は今年9月、ディーゼルエンジン搭載車については来春の予定だ。

Text by SAKURAI Kenichi

リーズナブルな価格もアドバンテージ

マセラティ初のSUVモデル、「レヴァンテ」は、今年3月のジュネーブ モーターショーでワールドプレミアされたばかりのホットモデル。すでに世界初公開時のレポートでも紹介したように100年以上の歴史を持つイタリアの老舗ブランド、マセラティが初めて開発したSUVであり、フラッグシップモデルの「クアトロポルテ」やミッドサイズのプレミアムセダン「ギブリ」、そしてスポーティな2ドアクーペ「グラントゥーリズモ」とそのオープン版となる「グランカブリオ」に続く第5の市販モデルラインナップである。

ジャパンプレミアのイベントで壇上に立ったマセラティ ジャパンの牧野一夫代表取締役社長は、「他のマセラティ モデルと同等のオンロードにおける走行性能と快適性を実現しながらも、SUVとしてこれまでのラインナップ以上となるオフロード走破性を実現。この二つの要素を合わせ持つニューモデルとしてレヴァンテは誕生しました。さらに(これまでになかった)もう一つの特徴として、日常の使い勝手をより向上させた最初のマセラティです」と「レヴァンテ」の特徴を語った。

Maserati Levante |マセラティ レヴァンテ
Maserati Levante |マセラティ レヴァンテ

牧野一夫代表取締役社長

「レヴァンテは、一般的にはSUVというカテゴリーに分類されます。しかし我々はここで新たなマセラティを造ったと自負しております。同時にそれは数値やスペックでは語りきれない、100年以上前にレースメーカーとして創業した当時から持ち続けている走りへの変わらぬ情熱と、そして常に美しいものを造り続けたいというこだわりを合わせ持っています。創業時から脈々と受け継がれている伝統を守り、さらに新しいマセラティを生み出したのです」と、牧野社長は同時にブランニューモデルへの期待感も表した。

「レヴァンテ」という名前は、地中海に吹く東風から取られたものだ。マセラティでは伝統的に風の名前を車名として使用している。例えば「ボーラ」や「カムシン」、「シャマル」などがそれで、現行モデルにある「ギブリ」もアフリカ大陸北部に吹く熱く乾いた風の名称を車名に用いている。

さらにレヴァンテは、前述のとおり地中海に吹く風であると同時に、ボローニャ地方にあるVia Emilia Levanteという、マセラティ兄弟ゆかりの土地にちなんだものでもあり、この二つの意味が込められているという。これは、こじつけかもしれないが、レヴァンテがスポーツカーの資質と、SUVの走破性という二つのキャラクターを合わせ持つところからきていると思いたくなる。

Maserati Levante |マセラティ レヴァンテ
Maserati Levante |マセラティ レヴァンテ

「レヴァンテはSUVの形をした、紛れもないマセラティ」と牧野社長が紹介するように、レヴァンテはギブリのシャシーをベースに開発したSUVでありながら、50:50の前後静止重量配分を持つスポーティなフロントエンジン4輪駆動のパワートレインレイアウトを採用した点が注目に値する。そのシャシーは、SUVセグメントでもっとも低い重心位置を確保することに寄与し、Cd値などの空気抵抗係数(Cx)もギブリと同じ0.31を実現したという。

つまりレヴァンテは、SUVのフォルムを持ちながらも、紛れもなくスポーティブランドを標榜するマセラティであり、ブランドの伝統を守る正当な後継車であるということだ。