マセラティ初のSUV「レヴァンテ」がデビュー|Maserati

マセラティ初のSUV「レヴァンテ」がデビュー|Maserati

CAR NEWS

Maserati Levante |マセラティ レヴァンテ

マセラティ初のSUV「レヴァンテ」がデビュー

1914年にイタリアはボローニャで産声をあげたマセラティは、一昨年、記念すべき設立100年を迎えた。その一世紀にも及ぶ歴史の中でも初めてとなるSUVが、マセラティ「レヴァンテ」である。3月1日開幕した第86回のジュネーブ モーターショーでワールドプレミアしたこのニューモデルは、マセラティの歴史に新たな1ページを書き加える。

Text by SAKURAI Kenichi

マセラティ第5のラインナップ

昨年ワールドプレミアを迎えると予想されていたマセラティ初のSUV「レヴァンテ」が、ついに登場した。発表が遅れた理由は明らかにされていないが、2011年のフランクフルト モーターショーでは「クーバン」というネーミングでSUVを発表。フラッグシップモデルの「クアトロポルテ」やミッドサイズのプレミアムセダン「ギブリ」、そしてスタイリッシュな2ドアクーペ「グラントゥーリズモ」やそのオープン版となる「グランカブリオ」に続く第5のラインナップとして登場が待ち望まれていたモデルである。

現在、プレミアムブランドやラグジュアリーブランドと一般的に認知されている欧州のカーメーカーは、SUVの開発に積極的な姿勢をみせている。先のフランクフルト モーターショーではベントレーがこちらも同ブランド初となるSUV「ベンテイガ」をワールドプレミア、ランボルギーニも「ウルス」と呼ぶSUVの正式発表を控えている。こうしたプレミアムブランドがSUVの開発に乗り出す背景には、北米や中国、中東市場を中心とした世界的なSUV需要の拡大がある。

Maserati Levante |マセラティ レヴァンテ
Maserati Levante |マセラティ レヴァンテ

ユーザーが、ステイタス性に加え実用性と快適性をプレミアムブランドのSUVに求めているのは当然で、そこに需要があることはすでにポルシェが「カイエン」で証明している。いっぽうのメーカー目線でいえば、自らのブランドの価値の向上や、これまでそのブランドに興味を持たなかった層にアピールすることができ、したがってビジネスの幅を広げる効果ももたらす。

これまでスポーツカーやセダンが中心だったプレミアムブランドがSUVを造ると、自社の他の車種が売れなくなるのではという論評をエコノミストから寄せられることがあるが、それは間違いである。このクラスを愛車にするユーザーは複数台所有が当たり前。マセラティの例でいえば、2ドアクーペ「グラントゥーリズモ」のユーザーはほかに実用的なラグジュアリーカーを所有しているはずだ。想像どおり、走る楽しさや所有欲は「グラントゥーリズモ」でかなえられるだろうが、これ1台では不便なのも事実。となれば、これまではドイツ製の高級セダンやSUVが「グラントゥーリズモ」のパートナーになっていたところを、自社ブランドでカバーできるというチャンスが広がる。

Maserati Levante |マセラティ レヴァンテ
Maserati Levante |マセラティ レヴァンテ

そうした背景を理解したうえで、レヴァンテをみると、マセラティがこのモデルに賭ける意気込みと本気度が理解できる。

“レヴァンテ”という名前は、ボローニャ地方にあるVia Emilia Levanteという、マセラティ兄弟ゆかりの土地にちなんだもの。100周年を期にフィアット クライスラー グループ(FCA)のラグジュアリーブランドとしてポジショニングをより明確にしながら、このレヴァンテの追加によって、将来的にマセラティは年間3万7,000台以上の生産台数を見込んでいるともいわれている。マセラティの飛躍は一にも二にも、このモデルの双肩にかかっているのだ。