新型ルノー トゥインゴにパリで試乗|Renault

新型ルノー トゥインゴにパリで試乗|Renault

CAR IMPRESSION

Renault Twingo|ルノー トゥインゴ

新型ルノー トゥインゴにパリで試乗

私がトゥインゴに惹かれる理由

2014年のジュネーブモーターショーでデビューし、今春日本への導入が予定されている3代目ルノー トゥインゴ。これまでのモデルと異なり、RRレイアウトで登場した同モデルに、モータージャーナリスト大谷達也氏がパリで試乗した。

Text by OTANI TatsuyaPhotographs by MATSUNAGA Manabu

フランス車ならではの価値を体現した初代トゥインゴ

新型のルノー「トゥインゴ」にどうしても乗りたくてパリを訪れた。正直にいえばトゥインゴの試乗以外にもフランスに出かける用事はあったのだけれど、せっかく行くなら是非トゥインゴを試してみたいと思い、パリで広報車を借り出して半日ほどあちこちを走り回ってきた次第である。

なぜ、私はそれほどトゥインゴに惹かれるのか? 2代目トゥインゴのGTというスポーティモデルに2年ほど乗っていたことも関係しているけれど、本当に衝撃的だったのは1993年にデビューした初代トゥインゴと出会ったときのこと。フランス車が急激にインターナショナル化していったこの頃、かつてのようにサスペンションストロークが長くてふんわりした乗り心地を持つモデルは次第に姿を消し、ドイツ車を思わせるソリッドな足回りが主流をなすようになっていた。

ところが、トゥィンゴはそういった潮流に敢然と立ち向かうかのように、フランス車の伝統的なソフトな乗り心地とともに登場。かわいらしいスタイリングのボディにオトナ4人が余裕で腰掛けられる室内スペースを確保するという、いかにもフランス車らしいバリューをひっさげて私たちの前に現れたのである。このクルマが私は大好きだった。

Renault Twingo|ルノー トゥインゴ
Renault Twingo|ルノー トゥインゴ

いっぽう、2代目トゥインゴも真面目に作られたコンパクトカーで、私は実に幸せな2年間を過ごしたのだけれど、初代トゥインゴに比べれば“フランス味”は薄口で、「これも時代の流れか……」という一抹の寂しさを感じなくもなかった。

そのせいかどうか、2014年ジュネーブショーで3代目トゥインゴが登場したときも、なぜか私はあまり関心を抱かなかった。「どうせ効率化が推し進められた分、面白みが減ったコンパクトカーになってしまったんだろう」と勝手に思い込んでいたのかもしれない。

これが重大な勘違いであることに気づいたのは2015年東京モーターショーでのこと。そこで展示されていた3代目トゥインゴのカットモデルは、エンジンの搭載位置が通常のフロントではなくリア(!)であることを示していたのだ! このときを境にして、私の3代目トゥインゴに対する見方はがらっと変わることになる。