フルモデルチェンジした新型スマートに試乗する|smart

フルモデルチェンジした新型スマートに試乗する|smart

CAR IMPRESSION

smart fortwo|スマート フォーツー
smart forfour|スマート フォーフォー

フルモデルチェンジした新型スマートに試乗する

日本の軽自動車に匹敵する小さなサイズと、デザイン性が高く、個性あるボディバリエーションで独自の位置を築いてきたスマートが、フルモデルチェンジで第3世代へと生まれ変わった。注目の新型にドイツで試乗した河村康彦氏がリポートする。

Text by KAWAMURA Yasuhiko

時代が追いついてきた設計思想

メルセデス ラインナップで最大サイズの「Sクラス」が占有するスペース内に、2台を駐車させる ―― そんな“圧倒的小ささ”の実現をコンセプトに立ち上げられたのが、そもそものスマートのプロジェクトだった。

実際、1997年に発売された「シティクーペ」は、全長わずかに2.5メートルほど。当時のSクラス=W140型の全長は標準ボディ仕様でも5.1メートル超だったから、まさに初志貫徹で姿をあらわした、なんともインパクトに溢れる意欲作が初代モデルであったことになる。

smart fortwo|スマート フォーツー

smart fortwo

smart|スマート  81

smart city-coupe 1st generation

渋滞や駐車難の解消など、都市の交通環境の改善を念頭に「二人乗り乗用車として極限の小ささ」を目指したこのモデル。しかし、それが決して順風満帆な船出とはならなかったことは、後に同様のコンセプトを謳うモデルがまったくあらわれなかったことからも容易に推察ができる。

路上駐車が合法ながら、現実には“空き”のスペースを探し出すことが困難な、ローマやパリなどヨーロッパの都市部を中心とした一部マーケットでは、毎日の駐車のストレスを確実に軽減してくれる唯一無二の存在として、熱狂的歓迎を受けたという事実もある。

けれども、言うなれば「停まるために走っている」かのような極端なコンセプトは、さすがに多くの人に受け入れて貰うことは難しかったというのが現実だろう。

smart fortwo|スマート フォーツー

smart fortwo

smart fortwo|スマート フォーツー

smart fortwo

そんなスマートのプロジェクトのために、当初手を組んだファッションウォッチ ブランドのスウォッチは、収益が望み薄なそうした特異な自動車づくりからは早々に手を引き、残された当時のダイムラー・クライスラー社も、余りに市場が限定されてしまう極端なモデルづくりからは撤退するのでは、という憶測すら聞かれたもの。

そんな危機的状況を救ったのは、じつは“時代の流れ”でもあった。

世界的に省エネ・省資源が叫ばれるようになるなか、大型で、燃費の悪いモデルを主役としていたメーカーは、より小さく、低燃費なクルマを同時に生産・販売することが不可欠となったのだ。

かくして、息を吹き返したこのブランドは、あらたにアメリカ市場での販売も目論んだ2代目モデルを経て、今、再びフルモデルチェンジを実施。もちろんそれが、ここに紹介をする3代目モデルであるというわけだ。