特集 インテリア・デコレーションの祭典〜メゾン・エ・オブジェ パリ

特集 メゾン・エ・オブジェ パリ 2016

MAISON & OBJET PARIS|メゾン・エ・オブジェ パリ

日本のプロダクトデザイン、世界を行く(1)

世界最大級のインテリア・デコレーションの国際見本市、メゾン・エ・オブジェ。メイン会場入口を入ってすぐ特別展示されていたのが、有田焼のブースだった。そのほか会場全体には、日本のプロダクトデザインが目立つ。今回は、世界に発信する日本プロダクトをご紹介しよう。

Text by KAWADA Akinori

未来のライフスタイルが体感できる見本市

「イタリアで開催されるミラノ・サローネがほぼ家具に特化した見本市に対して、メゾン・エ・オブジェはあらゆる生活用品を集めた感があります。10年先の生活の姿が見えてくるんじゃないかと思えるくらいです」と語るのは、日本を代表するプロダクト・デザイナー奥山清行氏。「フェラーリを日本人で初めてデザインしたデザイナー」として有名であり、クルマなどのデザインはもちろんのこと、現在はさまざまなイベントのプロデュースにも腕を振るう。

tp1-2

メゾン・エ・オブジェは、1月と9月にフランス、3月にアジア、5月にアメリカで開催されるインテリア・デコレーションの国際見本市だ。出展される商品は、多岐にわたる。家具、キッチンウェア、テーブルウェア、ギフト雑貨、ファッション雑貨、電化製品、フレグランスなどだ。。

maison &objet|メゾンオブジェⒸPhotographs by Govin Sorel

今回訪れたメゾン・エ・オブジェ パリは、パリの北部にあるノール・ヴィルパントで1月22〜26日に開催された。広大な見本市会場には8つのホールがあり、世界から数多くのプロダクトメーカーが参加。まさに欧州最大のインテリア・デザイン見本市と言ってよい。ほかの展示会と違うのは、事前に出展審査があること。その出展審査にパスしたプロダクトだけが展示されるのだ。そうした会場には一般客ではなく、トレンドを重視するバイヤーが数多く訪れる。

4人がプロデュースする特別な有田焼

tp12-4
工業デザイナー 奥山清行氏
タレント ビートたけし氏
7-3
建築家 隈研吾氏
tp7-2
デザイナー 佐藤可士和氏

有田焼は佐賀県有田市を中心に発達した、日本古来よりの磁器である。最初の窯が創業して、2016年が400年に当たり、「有田焼400年プロジェクト」と題して、数年がかりで、さまざまな事業を展開している。メゾン・エ・オブジェへの出展も、この400年プロジェクトの一環として行っており、その真摯な姿勢に共鳴した運営委員会の理解もあって、特別展示が行われることになったのだ。

奥山清行氏は、この出展および特別展示のプロデューサーとして、会場に来場していたのである。

「メゾン・エ・オブジェへの出展は、本当に大変なことで、出展希望者は、運営委員会でプレゼンを行い、そこで認められて初めて出展が許可されます。評価基準で最も大切なのはオリジナリティで、コピーを作って満足しているような企業は、ひとつとしてパスしません。コネも通用しません。これだけ大規模な展示が認められたのは、有田焼のプロダクトとしての創造性の高さを物語っているんですね」(前出・奥山氏)

特別展示は、【ARITA ✕ 4CREATER】(有田焼と4人の日本人クリエーター)と題して行われた。奥山氏に加え、ビートたけし氏、隈研吾氏、佐藤可士和氏の4人が創意を凝らしてデザインし、協力する窯元が形にした有田焼が、4つの専用ブースに展示されたのだ。

同じ有田焼でも、制作されたモノは、それぞれの個性がにじみ出る。

奥山氏の作品は、機能性と造形が表裏一体である。例えばこのコーヒーカップは、まったく無駄のない樽型で、把手もその樽型のフォルムを崩さないように一体化されている。それでいて、そこには人の指が入るスペースがあり、持ちやすい形になっている。白磁の美しさも生きている。

tp14-2
tp4-1

2020年の東京オリンピックに向けた新国立競技場のデザインに採用されたことも記憶に新しい、日本を代表する建築家、隈研吾氏の作品は、こうした器も建築的な造形となっている。例えば、この器は細い曲線と直線と鋭角的な角が複雑に絡みあい、遠目には籐製の籠にも見える。しかし近づいて見ると、それは白磁であり、紛れもなく有田焼だ。緻密な計算に基づく造形が秀逸である。

4人の中で、もっともフランス人に有名なのは、映画監督としてのビートたけし氏かもしれない。彼が用意した作品には、ユーモラスなものが多い。このコーヒーカップは、どれも表情が豊かなグラフィックが描かれる。思わず笑みがこぼれるようにコミカルにしてユーモアが効いている。それだけに日常的に使うカップとして欲しくなってしまう。

tp12-3

ビートたけし氏の作品

tp5

隈研吾氏の作品

佐藤可士和氏の作品

国立新美術館のシンボルマークのデザインや、ユニクロのほか企業のブランド戦略を手掛けるクリエイティブディレクター/アートディレクターの佐藤可士和氏の作品は、「対比」をコンセプトにした大皿だった。有田焼らしいピュアなホワイトが、鮮やかなブルーで、まさに弾けるように彩られ、さらに作品によっては金色などの差し色が配される。色のコントラストの見事な作品群ができあがっている。

1月22日には、奥山氏、佐藤氏、さらにプロジェクトの最高責任者である佐賀県知事・山口祥義氏も出席し、オープニングセレモニーも行われた。その賑わいは、さながら、7月に同地で行われるジャパン・エキスポが1月になったのかと思わせるほどの賑わいだった。

tp17-1

フランスで日本の弁当カルチャーがヒット。http://bentoandco.com

tp16-1

ロンドンの日本茶ブランド「SURUGA」。http:www.surugajapan.com

tp15-2

寿司とともに、日本の食文化も広がる。

Page02. 海外で戦い続ける有田焼