成熟の域に達した現行型911に試乗|Porsche

成熟の域に達した現行型911に試乗|Porsche

Porsche 911 Carrera 4 GTS & 911 Carrera

CAR IMPRESSION

Porsche 911 Carrera & 911 Carrera 4 GTS|ポルシェ 911 カレラ & 911 カレラ4 GTS

成熟の域に達した現行型911に試乗

今だからこそ味わえる魅力

環境性能向上のため、ターボ化とダウンサイジング化が図られた最新型ポルシェ「911」が発表され、OPENERSでも国際試乗会での試乗記をお届けした。いっぽう、NAユニットならではの特長を最大限に持ち、成熟の域に達したともいえる現行モデルの魅力が捨てがたいのも事実。そこで、モータージャーナリスト小川フミオ氏が、改めて試乗してみた。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

心を動かされる、素晴らしいスポーツ性

ポルシェ「911」に乗ると、本当にこれだけでいい、と思う。スポーツカーのほとんどすべてが詰まっている。最近、「ミッションE」と呼ばれる電気モーターで四輪を駆動する次世代スポーツカー開発計画を発表したポルシェ。新しい動きは支持もしたいが、もう少しだけ、911で楽しみたい。さらに、ターボ化直前の、現行911(ファミリー)の魅力は、まさに今だからこそ味わえるものだ。

ポルシェ911の現行モデル(ファンが好んで使うコードネームでは「991」)は2011年に発表された。先代911(「997」型)がさらにもう一つ前の911(「996」型)とシャシーを共用していたこともあり、現行モデルは大きな技術的飛躍が最大の魅力である。

シャシーはアルミニウムなど軽量素材を使用することで最大60kg軽くなった。いっぽうで、ホイールベースが100mm延長されるとともに、リアエンジンの搭載位置の見直しなどで、サスペンションレイアウトが改良されている。

Porsche 911 Carrera|ポルシェ 911 カレラ

Porsche 911 Carrera

Porsche 911 Carrera|ポルシェ 911 カレラ

エンジンは、997後期に用意された、新開発の水平対向6気筒エンジンをベースにしたもの。燃料直接噴射方式と、「バリオカム」とポルシェが名づけた可変バルブリフトおよびバルブタイミング機構が備わった。ベースの「カレラ」と「カレラ カブリオレ」のためのユニットは、従来の3.6リッターから3.4リッターにダウンサイジングされて燃料効率が高められているのも特徴だ。しかし出力は5ps上がっている。

911は大きなファミリーで、現在日本でのラインナップを数えると、20近いモデルが存在する。「911ターボSカブリオレ」は3,000万円になんなんとするプライタグを提げている。ぶ厚い財布を持っていたら、迷う楽しみは大きい。それでも、911の核にある魅力は、911カレラで堪能できるといっていいだろう。

7段マニュアル変速機を備える、もっともベーシックな911カレラ(といっても1,178万円するのだが)には、心を動かされる、素晴らしいスポーツ性がある。