フルオープンのコンセプト「カクタス M」|Citroen

フルオープンのコンセプト「カクタス M」|Citroen

CAR NEWS

Citroen Cactus M|シトロエン カクタス M

フルオープンのコンセプト「カクタス M」

シトロエンは、フランクフルトモーターショーに「C4 カクタス」をベースにしたコンセプトモデル「カクタス M」を出展する。サーファーを想定した、アウトドア向けのフルオープンカーだ。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

メアリをモチーフにしたオープンモデル

9月15日より開催されるフランクフルトモーターショーにおいて、シトロエンはフルオープンモデル「カクタスM」を公開する。カクタス Mは、昨年デビューしたユニークなデザインのクロスオーバー「C4 カクタス」をベースにフルオープンとしたモデルで、1970-80年代に販売されたクロスカントリー「メアリ」のスピリットを受け継ぐものだという。

もととなったC4 カクタスの独特なデザインに手をくわえた、カクタス Mのルックスはさらに独創的だ。ルーフがないばかりかサイドウィンドウやピラーなどもない。60度の傾斜がつけられたフロントウィンドウは太い枠が強調され、ブラックのホイールアーチや19インチの大径ホイールとともに力強さを演出。また、リアの荷室上には木製のキャリアアーチが取り付けられている。

Citroen Cactus M|シトロエン カクタス M
Citroen Cactus M|シトロエン カクタス M

Citroen Cactus M & Citroen Mehari

長い2枚ドアは、全体で一体成型されたプラスチック製で、ラフなユースにも耐えられるとともに、車両の軽量化にも貢献する。ABS製のカバーが存在感を出しているドアヒンジは、モチーフとしたメアリのディテールを拝借している。

ドアのおもてには、C4カクタスで採用されたエアクッションにより軽い衝撃からボディを守る“エアバンプ”に似せた、ポリウレタン製の帯が貼り付けられている。前後バンパーにもあるこの帯は、ちょっとした擦り傷をはじめ、海水や砂のようなものからもボディを守る役割を果たす。