あたらしいコンパクト「C4 カクタス」を発表|Citroen

あたらしいコンパクト「C4 カクタス」を発表|Citroen

CAR NEWS

Citroen C4 Cactus|シトロエン C4 カクタス

シトロエンのかんがえるクルマの進化

あたらしいコンパクト「C4 カクタス」を発表

およそ半年前、2013年9月のフランクフルトモーターショーで展示されたコンセプトカー「C4 カクタス」が、プロダクションモデルとしていよいよ発表された。その独特なデザインはほぼそのまま踏襲したうえに、随所にいままでにない装備をそなえたあたらしいクルマとしてデビューを飾る。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

デザイン、コンフォート、テクノロジー、アフォーダブル

「世界はめまぐるしくうつろい、消費者のニーズもおなじ速度で変化している。それでは、クルマは?」 シトロエンがみずから提示するこの問いへの回答として、コンパクトハッチバック市場に投入するのが、この「C4 カクタス」。シトロエンの創設者、アンドレ・シトロエンの135回めの誕生日にあたる、2014年2月5日に発表された。

このクルマの主眼はデザイン志向であること、コンフォートであること、便利なテクノロジーをそなえること、そして、クルマを所有するにあたりトータルで必要なコストを抑えることにあるという。

コンセプトからほぼかわらない外観は角のないなめらかな曲線で構成され、SUVに自然とそなわるアグレッシブな印象を打ち消す。そのうえで、このクルマの機能性を表現するパーツをあえて大げさにデザインし、そのパフォーマンスを主張している。

たとえば、太いホイールアーチやカラーリングで強調されたバンパーは“プロテクション性能”を、はっきりと突き出たルーフバーからは“積載性能”を、そしてピラーをブラックアウトすることにより浮いているように見せるルーフや広く採光性の高いパノラミックガラスルーフが“ライトウェイト”であることを表現。そのため、全体的にデフォルメされた印象を受ける。

ボディサイドおよびフロントやリアの、カラーリングされた板チョコのようなデザインのパーツは、C4カクタスを特徴的づけつひとつ「エアバンパー」。ここはポリエチレン製のエアクッションとなっており、軽微な衝突程度ではボディに傷をつけることがない。特別なメンテナンスも不要で、破れたり切れたりすればエアバンパー部分だけ張り替えるだけで済む。

これにより、デザイン性も重視しながらも、ありがちな軽い擦り傷などによる修理費をおさえ、さらには細かいことに気にせずに余裕をもって運転できるコンフォート性をも狙ったものだという。