セレブリティとビジネスリーダーたちが唸った、未体験ワールド|Dom Pérignon

Dom Pérignon|「ドン ペリニヨン P2 エクスペリエンス」体験リポート

Once in A Life Time: Dom Pérignon P2 Experience

Dom Pérignon|ドン ペリニヨン

「ドン ペリニヨン P2 エクスペリエンス」体験リポート!

セレブリティとビジネスリーダーたちが唸った、未体験ワールド(1)

まるでテーマパークのアトラクションに迷い込んだかのようだった。開催日は去る7月28日。東京・羽田空港に程近い東京流通センター倉庫の巨大空間が、この日、「ドン ペリニヨンP2-1998」の類まれなるエネルギーと創造性を示す一夜限りの幻想スペースへと変貌。百数十名の来場者に驚きと感動をもたらした。

Text by TSUCHIDA Takashi

ハレの日のシャンパーニュにたいするおもいが、格段に引き上げられていく

Dom Pérignon|ドン ペリニヨン

昨年11月に販売が開始された「ドン ペリニヨンP2-1998」

ああ、これは本当にうまい。一度この味を知ってしまったら、もはやほかで代替することができない味わいだ。ドン ペリニヨンといえば、だれもが知るヴィンテージシャンパーニュの雄。バランスの取れた味わいと、熟成されたまろやかさが秀でていることは、いまさら言及するまでもないのだが……。

ところが、上には上があった。このドン ペリニヨン P2-1998は、音源に例えるならばハイレゾである。味わいそのものはドン ペリニヨンの絶妙なバランスがキープされていて、その実、似て非なるエネルギーに満ちている。すなわち通常のドン ペリニヨンと比較したとき、ある一部分が突出して優れているのではなく、すべてにおいてエネルギーがみなぎっている感覚をおぼえるのだ。ちょうど味の方向性を示す五角形のチャートが、そのままボリュームアップした感じである。だから、ハイレゾなのだ。曲そのものは聴いたことがあっても、まるではじめて体験するかのような新鮮な感動をあたえてくれる。

いささか前のめりになってしまったが、ここからは改めてイベントの背景を説明したい。本日の主役は、昨年11月にドン ペリニヨンから、名称も装いもあらたに登場した稀有(けう)なる新商品。その名もドン ペリニヨン P2-1998である。P2とは、2度目のプレニチュード(熟成ピーク)を迎えた状態を指し、現在は1998年のヴィンテージが店頭に出ている。

ドン ペリニヨンのシャンパーニュは、すべてが8年以上の熟成を経たヴィンテージだが、このP2はさらなる熟成を経て到達する非常に貴重なシャンパーニュだ。実際、ドン ペリニヨン P2-1998は、2005年に1度目のプレニチュードを迎え、通常のドンペリニヨンとして市場に送られている。つまりドン ペリニヨン P2-1998とは、長期熟成用としてセラーのなかで通算16年以上もの長い年月を過ごし、いま、こうして披露されたものである。

本イベントのために来日したドン ペリニヨンの醸造最高責任者、リシャール・ジェフロワ氏は、スピーチのなかでこう語る。

「ドン ペリニヨンは、その長い生涯のなかで、幾つかの熟成のピークを迎えます。しかしそれはドン ペリニヨンが元来もっている潜在的ポテンシャルがあるからこそ、今回のようにセカンドプレニチュードを迎えられるわけです。

製品名にあるP2とは、2回目の熟成ピークを迎えたという意味です。2005年に1度目の熟成ピークを紹介し、さらにいま、こうして2度目のピークも紹介できるということは、ワインの成長、変化を細やかに見守っているからこそできることです」

Dom Pérignon|ドン ペリニヨン

ドン ペリニヨンの醸造最高責任者、リシャール・ジェフロワ氏

プレニチュードという言葉は、本来、人間の円熟味を指す言葉だが、それをドン ペリニヨンでは熟成ピークを指す言葉としてもちいている。そしてその熟成は、段階的にピークを迎えるものらしい。各々のヴィンテージが飛躍的にポテンシャルを向上させるタイミングを見計らい、リリースする。そこにはワインメーカーの経験と感性が働くが、しかし相手は自然である。おもい通りには決していかない。だからこそ、貴重なのだ。

さて、イベントでははじめにP1の世界に身を置くことになる。各自、エントランスで手わたされたグラスで、通常のドン ペリニヨン ヴィンテージ 2005を味わう趣向だ。鳥がさえずり、教会の鐘が鳴り響く。映像で流されたのは、ドン ペリニヨンの精神的ルーツとなっている、オーヴィレール大修道院である。

Dom Pérignon|ドン ペリニヨン

生い茂る樹木により自然界の恵みが表現され、壁面にはオーヴィレール大修道院の写真が映像として映し出された

そして、MHD モエ ヘネシー ディアジオ社プレジデント、ジェイムス・ペイトン氏が挨拶する。

「皆さんこんばんは。本日はドン ペリニヨンのエクスペリエンスディナーにお越しいただき、誠にありがとうございます。これより皆さまをP2の次元を越えた世界にお連れしたいとおもいます」

次の瞬間、P2空間につながるドアが開いた。そして、そこにはP1とはまったく異なる趣向が待ち受けていたのだ。

P2、それはエネルギーに満ちた異次元の世界