SCHAUER シャウアー

硬質感のあるサテン仕上げのステンレスケース。プレーンベゼルに打ち込まれた12個のビス。いかにもドイツらしい機能美をみせるそのフォルムが、シャウアーの持ち味である。

創業者はドイツ人デザイナーのヨルグ・シャウアー。20代はじめに金属加工と腕時計に関する専門知識を習得し、現在は設計、組み立て、ケースの削り出しと研磨、文字盤の植字にいたるまで、すべてをひとりでこなしみずからを「ウォッチビルダー」と名乗る人物である。

手作業に重きをおいた質実剛健な時計づくりを続けてきたシャウアーだが、2003年には、まるで液晶デジタルさながらの文字盤をもつ、機械式のジャンピングアワー「デジタル2」を発表。同モデルのヒットにより、シャウアーの名は一躍時計界に広まる。

また、既存のムーブメントをハンドメイドで美しくカスタマイズしてしまうのも、シャウアーの妙味。2006年発表の「クロノグラフ エディション12“PT”」は、ムーブメントからローターを取り外し、磨き上げられたプラチナ製の受け板を配置することで、その美しい質感を前面にアピールしている。

2007年の新作も、かつてドイツに存在したムーブメントメーカーのデッドストックを、独自リファインして搭載したマスターピース。見えない部分にまでこだわり抜いた硬派な時計づくりで、独立独歩を貫いている。

【創業年】1995年
【創業地】ドイツ、エンゲルスプラント
【主なシリーズ名】デジター、ワンハンド
【問い合わせ先】TiC TAC 恵比寿プレスルーム Tel. 03-3449-8462

公式サイト:http://www.schauer-germany.com/

ARCHIVE