SALVATORE FERRAGAMO サルヴァトーレ フェラガモ

ブランドの歴史は20世紀はじめに、創業者サルヴァトーレ・フェラガモが故郷のイタリア南部の小さな村を出て、アメリカへわたった時代にさかのぼります。 サルヴァトーレは渡米後、サンタバーバラやハリウッドを拠点に新進の映画スターたちのためにオーダーメイドの靴を手がけることで、名声を得ました。その発想力、みごとな職人技、ほかの靴とは較べものにならない履き心地の良さから、サルヴァトーレ・フェラガモの靴は、独創的なデザインと高い品質をそなえた靴の代名詞になっていったのです。

「サルヴァトーレ フェラガモ」という彼の名前を冠したブランドになるのは、1927年にサルヴァトーレがイタリアにもどり、フィレンツェに落ち着いてからのこと。1928年、フィレンツェでひとりの男の夢から会社が誕生し、ほどなくして最先端の工場で750人の靴職人が働き、毎日350足以上の靴が作られるようになりました。ここでもサルヴァトーレは、グレタ・ガルボ、オードリー・ヘプバーン、マリリン・モンローなどの映画スターや世界のセレブリティから愛され、彼らのために特別に誂えた靴を作りました。

ARCHIVE