PIAGET ピアジェ

1874年の創業以来ラグジュアリーの真髄をはぐくんできたピアジェ。創業当初は時計のムーブメント設計と製造を専門にしていたものの、1960年代には時計製造を一貫しておこなうマニュファクチュールとして大きな成長を遂げた。極薄ムーブメントを生み出すなど技巧の幅が大きくなったことにより、画期的で優美な宝飾時計を世に送り出し、それは革新的なジュエリーコレクション誕生へと発展してゆく。

極薄ムーブメントのパイオニアともいえるピアジェは、1957年の手動巻「9P」と1960年の自動巻「12P」という、当時それぞれのカテゴリーでもっとも薄いムーブメントを開発したことにより、その名声を不動のものとする。現在ピアジェの持つ35個の自社製キャリバーのうち23個が薄型タイプであり、その優れた技術とチャレンジ精神が、今日のピアジェのアイデンティティとなっているといっても過言ではないだろう。

現在は発祥の地であるラ・コート・オ・フェと現在本社があるジュネーブの工房で「常に必要以上に良いものをつくる」という創業者ジョルジュ・エドワール・ピアジェのモットーに、熟練した時計職人と宝飾職人が一丸となり実践。ジュエリーウォッチや薄型ゆえに実現するエレガントなドレスウォッチなどを生み出し、マニュファクチュールとして、またジュエラーとしてのピアジェの魅力を発信しつづけている。

【創業年】1874年
【創業地】スイス、ラ・コート・オ・フェ
【主なシリーズ名】ピアジェ アルティプラノ、ブラックタイ、ピアジェ ポロ、ライムライト、ポセション
【問い合わせ先】ピアジェカスタマーデスク free15 0120-73-1874

公式サイト http://www.piaget.jp/

ARCHIVE