アストンマーティン、フォルムイタリアとの新作家具をミラノサローネで発表|Aston Martin

アストンマーティンの新作家具をミラノサローネで発表|Aston Martin

MILANO SALONE

Aston Martin|アストンマーティン

特集|ミラノサローネ国際家具見本市 2015

アストンマーティン、フォルムイタリアとの新作家具をミラノサローネで発表

イタリアで開催中の世界最大のデザイン展「ミラノ デザイン ウィーク」に、アストンマーティンは、見本市の本来のテーマであった家具とともに出展。イタリアのフォルムイタリアと共作した作品で、アストンマーティンのラグジュアリーな世界を、家具という形で伝えた。イタリアで現地取材した小川フミオ氏がお届けする。

Text by OGAWA Fumio

サローネにふさわしく家具が主役

ミラノ デザインウィークにおいて、本来、家具の見本市からスタートしたそのオリジンに最も忠実だったのが、アストンマーティンだ。とんがった家具メーカーであり、自動車メーカーとのコラボレーション製品も少なくないフォルムイタリア(本当はフォルミタリアと発音)とのコラボレーションを発表した。

アストンマーティンとフォルムイタリアとの新作家具は「アート オブ リビング ラグジュリーコレクション」と名づけられた。「アストンマーティンのスポーツカーが持っているデザイン、快適性、ラグジュリー性そして性能といった要素を反映させたもの」とアストンマーティンの広報資料では謳う。

Aston Martin|アストンマーティン ミラノサローネ

Aston Martin|アストンマーティン ミラノサローネ

発表会場はドゥオーモに近いピアッツァ フォンタナに面したスターホテル。立地のよさとともに、コンテンポラリーなデザインと、高いカスタマーケアで知られる同ホテルを選んだことも、アストンマーティンとフォルムイタリアの意気込みを表しているといえる。プレスデイがはじまったのが14日で、このコレクションが公開されたのが16日だから、ほかよりは時間を多めにかけて(つまり期待をもたせて)の一般公開となった。

会場には、4ドアクーペの「ラピード」が置かれた。アストンマーティンが実現している世界観を、このグランツーリズモを使って表現したという。周囲にはフォルムイタリアのアストンマーティン コレクション。ウッドによるぬくもりと、スチールによる強度と、カーボンファイバーによる軽量化というぐあいに、まるで自動車のように素材を使い分けているのも特徴的だ。