INTERVIEW|うじきつよし、小町渉が語る『ロックにはまだやれることがあるんじゃないのか』

INTERVIEW|子供ばんど『ロックにはまだやれることがあるんじゃないのか』特別対談

LOUNGE INTERVIEW

INTERVIEW|子供ばんど『ロックにはまだやれることがあるんじゃないのか』発売記念

うじきつよし×小町渉、アーティスト対談(1)

圧倒的なライブパフォーマンスと高い演奏力で1980年代のロックシーンを席巻し、多くのミュージシャンに影響をあたえた、うじきつよし率いる「子供ばんど」。彼らは2011年から活動を再開させ、復帰後2枚目となるアルバム『ロックにはまだやれることがあるんじゃないのか』を5月5日(火・祝)に発売する。さらに今回は、迫力のコラージュ作品を武器にパリやロンドンなどで世界的な活動をおこなうアーティスト・小町渉が、ジャケットのアートワークで参加。ふたりの出会いからこのアルバムの制作秘話まで、話をうかがった。

Photographs by ASAKURA KeisukeText by TOMIYAMA Eizaburo

ファーストコンタクトは少年期、世田谷区祖師谷にて

――まずはおふたりの出会いから教えていただけますか?

うじきつよし(以下、うじき) もともとアートとかデザインとかは好きなんですけど、最近の人がよくわからなくてまわりのみんなに聞いたんですよ。そうしたらコマッチー(小町渉)を勧められて個展を観に行って。そのあとにお住まいの京都で話していたら、じつはお互い世田谷区の祖師谷で少年期を過ごしていたことがわかって。

小町渉(以下、小町) おそらく歩いて1分くらいの場所ですよね。

うじき 幼馴染がクリーニング屋だったんだけど、家からその店に行くあいだくらい。

小町 僕はそのクリーニング屋がビデオ屋になったとき、ちょっとバイトしていたことがあって(笑)。

うじき 年齢がちがうから学校が重なることはなかったけど、僕らはそのエリアが生んだ2大アーティストですよ!

小町 兄貴(バンド「あぶらだこ」のメンバー)の影響もあって、小さいころからバンドが好きだったから子供ばんどは知っていて。むかしから団地に行く途中に「子供ばんど」って描かれた機材車が置いてあったのが、ずっと不思議だったんですよ。

あと、中学生くらいのころかな、ヤマハが主催していた「EastWest」っていうバンドコンテストの受賞者が出るイベントに行ったことがあります。

うじき あったね、懐かしい。だから近しくなったのは1年半だけど、じつはそういうストーリーもあって、いつか何かをやりたいなと思っていたんですよ。それで、昨年12月に彼が大阪でやったインスタレーションを観に行って。そこにあった作品のひとつに「NO WAR , MAKE ART」と描かれていて。次のアルバムイメージを考えていたときだったから、こういうやり方があるんだって、言葉の強さが印象に残ったんです。そうか、単純にアートワークをコマッチーに頼めばいいんだって、そこで結びついたんですよ。

Page.2: 「言いたいことがあったら言うのがロックだし、アート」