TRAVEL|中国で3軒目のアマン「アマンダヤン」オープン

TRAVEL|中国で3軒目のアマン「アマンダヤン」オープン

SMART TRAVELER

TRAVEL|古代中国の美しい街並が残される古都・雲南省西北部 麗江に誕生

中国で3軒目のアマン「アマンダヤン」オープン

中国で3軒目のアマンは、サンスクリット語で「平和なる」を意味するアマンと、13世紀に木一族が築きあげた麗江の昔の呼び名である「ダヤン」を合わせた「アマンダヤン(Amandayan)」。ユネスコ世界文化遺産の「麗江古城」(旧市街)を見下ろす丘の上に静かに佇んでいる。

Text by KAJII Makoto (OPENERS)

歴史が息づく比類のない素晴らしいロケーション

中国で有数の美しい町と讃えられ、多くの人びとを魅了しつづけている雲南省北西部に位置する麗江。

アマンダヤンは、歴史ある麗江の情緒的町並みや郊外の田園地帯、遥か地平線には、中国でもっとも美しい山と称される玉龍雪山から連なる銀峰を遠望できるロケーションに誕生した。

アマンダヤンは、伝統的なコートヤード形式の集合建築をもとに、全35室の広々としたテラス付きスイートがあり、各コートヤードには5室から8室のスイートが配されている。

アマンのオリビエ・ジョリヴェCEO は、「アマンダヤンは、アマン哲学に基づいた独自の美学により完成いたしました。比類のない素晴らしいロケーションに位置し、その歴史的魅力を余すところなく堪能することができます。文化、快適性、心温まるおもてなしがこの隠れ家での滞在をさらに有意義なものにしてくれることでしょう」と述べる。

アマン|アマンダヤン
アマン|アマンダヤン

中庭にある文成宮は、1725年建立

客室は、桃源郷から切り出された雲南松、ひと際目を引くナシ族の刺繍、花、鳥など自然をモチーフにしたトンパの精巧な木彫りなど、この地方独特の素材やファブリックにこだわってコーディネート。ナシ族は人と自然の調和を最も重んじる民族で、トンパとはナシ族の指導者を意味する。

アマンダヤンの家具は、中国東北地方で伐採された楡の木から作られ、石の床は周囲の山々との一体感を演出。優雅でエレガント、そして美しくシンプルな曲線美は、現代的なスタイルでありながらも中国文化を象徴している。

アマンダヤンで特筆すべきは敷地内の伝統的な中庭にある文成宮で、1725年に建てられ官吏採用試験である科挙の会場として使用されていた。中庭には樹齢100年の木があり、職人技が光る彫刻や、色鮮やかな絵が屋根や建物に描かれていて、細心の注意を払い保存されている。

アマン|アマンダヤン
アマン|アマンダヤン

個性あふれる3つのダイニング

オールデイダイニング「ザ・ラウンジ」では、地元の有機食材を使用した西洋料理とアジア料理を、雲南と広東料理を堪能できる「マン・イ・シュエン」では、ランチに飲茶メニューも用意し、個室タイプのダイニングルーム4室を含む8 席の開放感溢れる空間が広がる。

「ザ・ティーハウス」からは、旧市街の魅惑的な風景を望みながら、伝統的な中国の軽食とお茶をサービス。屋内外の88席では、夕方からカクテルとアペリティフを楽しむことができる。

アマンジャンキーに人気の「アマン・スパ」は、プライベートなリラクゼーションエリアを完備した6室のトリートメントルームにくわえ、2倍の広さを誇るウェットトリートメントルーム2室には、温かいストーンテーブル・スチームルーム・シャワーエリア・バスタブを備え、スクラブ、ボディーラップや各種トリートメントに使用。

伝統的な中国医学の英知を活用し、アマン・スパオリジナルの自然派スキンケア製品を用いた豊富なスパメニューをはじめ、地元の伝統からインスピレーションを受けた推拿マッサージには、身体の柔軟性・ムーブメントを向上するため、ヨガスタイルのストレッチと指圧を取り入れている。

さらに、年間を通じて温水に保たれている全長20メートルの屋外プール、ピラティスやヨガスタジオ、最新鋭設備のジムも完備している。

まるで昔にタイムスリップしたような麗江の町の散策や、先住民族であるナシ族の多様な文化を体験でき、虎跳峡など壮麗な自然も楽しめるアマンダヤンの魅力に酔いしれたい。

問い合わせ
アマン共通コンシェルジュサービス
日本語対応フリーダイヤル
0120-992-925(平日 11~22時)
http://www.amanresorts.com