アストンマーティン ヴァルカン、ついにその姿を現す|Aston Martin

アストンマーティン ヴァルカン、ついにその姿を現す|Aston Martin

CAR NEWS

Aston Martin Vulcan|アストンマーティン ヴァルカン

ジェントルマンのためのサーキット専用マシン

アストンマーティン ヴァルカン、ついにその姿を現す

車名だけを先行公開し、謎に包まれたスポーツモデルとして注目を集めていたアストンマーティンのニューモデルが、本日ついに公開された。製作台数は、わずか24台。「ヴァルカン(Vulcan)」とは一体何なのか。武田公実氏がレポートする。

Text by TAKEDA Hiromi

まったくあたらしいスタイリング

今年3月に開幕するジュネーブモーターショー2015。アストンマーティンのブースは、例年以上にモータースポーツのイメージが高いものとなることだろう。

先日オフィシャルフォトが公開された「ヴァンテージ」系をベースとするハードコア版ロードゴーイングカー「ヴァンテージGT3」とともに、サーキット走行専用モデル「ヴァルカン」の出品も決定。そして本日、その写真と概要、そして意欲的なトレーニングプログラムに関する情報がリリースされたのだ。

まず、もっとも注目すべきシャシー/ボディは、総カーボンファイバー製。ボディデザインは、今後のアストンマーティン量産モデルにも影響を与えることになるであろう、まったくあたらしいスタイリングを見せている。

ただしシャシーについては、これまでアストンマーティンが世界各国のGT選手権で獲得してきたノウハウとコネクションを最大限に活用。カーボンファイバーのスペシャリスト「マルチマティック」社の手によるモノコックおよびボディ、インテグラル リミテッド スリップ ディファレンシャル、マグネシウム製トルクチューブ&カーボンファイバー製プロペラシャフト、ブレンボ社製レーシングキャリパー、そしてカーボンセラミック レーシング ディスクブレーキ(フロントφ380mm、リアφ360mm)などを特徴としている。

また、モータースポーツの影響が色濃いプッシュロッド サスペンションには、アンチダイブ ジオメトリーが採用されるとともに、マルチマティック製ダイナミック サスペンション スプールバルブ(DSSV)可変ダンパー、フロント/リア アンチロールバー、ドライバーが任意で調整することのできるABSシステム、可変トラクション コントロールが組み合わされるという。