新作「ラナ」開発秘話インタビュー|STOWA

新作「ラナ」開発秘話インタビュー|STOWA

WATCH&JEWELRY FEATURES

STOWA|ストーヴァ

孤高のウォッチビルダーとデザインの巨匠のコラボが実現

ドイツの老舗ブランド、ストーヴァの新作「ラナ」(1)

ドイツの老舗ブランド「STOWA(ストーヴァ)」から新作がリリースされた。この新作「ラナ」は、プロダクトデザインの巨匠ハルトムット・エスリンガー氏とのコラボレーションで実現したモデル。エスリンガー氏といえば、1980年代のアップル創生期のデザインを担当したことでも知られるデザイン界の重鎮だ。その夢のコラボレーション実現までの経緯と商品の開発秘話を緊急来日したストーヴァCEOのヨルク・シャウアー氏にうかがった。

Text by KAKIHARA Takayoshi(OPENERS)Photographs by KISHIDA Katsunori

未知なるウォッチデザインへの挑戦

――時計ファンには、なじみの深いストーヴァですが、あらためてどんなブランドかをご説明ください。

ストーヴァは、ドイツで1927年に誕生した時計ブランドです。第二次世界大戦時には、A.ランゲ&ゾーネ、グラスヒュッテ・オリジナルとともにドイツ軍に正式採用されていました。しかし、スイスと同様にドイツの時計産業も1980年代のクォーツショックの影響を受けて、ストーヴァは休眠することになります。

――2004年、そのストーヴァをCEOであるシャウアーさんが復興させたわけですが、そのきっかけとなった経緯は何だったのでしょうか。

私が生まれたのは、スイスの国境に近いドイツ西南部の都市フォルツハイムでした。実はストーヴァは、この街で誕生した時計ブランドだったのです。私は、バウハウスのデザインに強く影響を受けていましたし、ストーヴァにもそんな共通項を見いだしていました。そんなとき、偶然に知り合いを通じてブランドを譲り受ける機会を得たのです。

――ブランド再興に関して、苦労したことは、どんなことですか。

まず、ブランドのDNAを検証することからはじめました。古い傑作モデルをとにかく手に入れました。そうすることでストーヴァの体系や哲学を学ぶことができました。

――ストーヴァの新作「ラナ」のデザインを務めたエスリンガーさんとは、いつごろからコンタクトが始まったのですか?

02

エスリンガーさんと連絡を取りはじめたのは、3年前の2012年のことでした。当初は、お仕事をお願いするというよりは、実際にお会いしてみたいというおもいが大きかったですね。

まずアメリカにあるフロッグデザインのエスリンガー氏に手紙を出しました。実は私の父はドイツの家具のデザインをしていて、かつてエスリンガーさんとお仕事をしていました。私もエスリンガーさんが主宰するデザイン・コンサルティング会社「フロッグデザイン」の前を幼い頃、通学したことを思い出しました(笑)。その後、Eメールを何度もして、お互いにドイツのフォルツハイムのことやデザインの話などで盛り上がっていきました。

――はじめてお会いしたときの感想は、どうでしたか。

エスリンガー氏がドイツにお見えになったときに2~3時間、私の工房ではじめてお会いすることができました。とても貴重なお話ができて、学ぶことが多かったですね。そこで、「誰も作ったことのない腕時計を作ろう」と意気投合したわけです。