特集|ロンドンからベニスへ、オリエント急行で巡る旅 Vol.1

特集|ロンドンからベニスへ、オリエント急行で巡る旅 Vol.1

SMART TRAVELER

特集|ロンドンからベニスへ、オリエント急行で巡る旅 Vol.1

クラシックとコンテンポラリーが交錯する都市

あたらしいロンドンステイの愉しみ方

東京を旅発ち13時間。木の葉が舞い、師走へと向かう2014年のロンドンは、いつになく活気に溢れていた。街中はイルミネーションで輝き、軽快なサウンドを鳴らしアストンマーティンが駆け抜ける。高級ブティックが建ち並ぶナイツブリッジの夜をさまよえば、気分は否応にも盛り上がる――。今回の旅の日程は5泊7日。ロンドンを起点に、イタリア・べニスまでをオリエント急行で巡るというルートだ。初日となる今宵は、ハイドパークの東にあらたに誕生したコンテンポラリーなホテル「45パークレーン」にステイする。

Photographs by Hiro MatsuiText by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)

ロンドンの“いま”を体現する45パークレーン

ロンドンの中心部メイフェアに居を構え、いまイギリスでもっともコンテンポラリーなホテルとして注目を集める「45パークレーン」。

2012年のロンドンオリンピック以降も、エリザベス女王の即位60周年、そしてキャサリン王妃の出産と、世界中から注目を集めるイギリスは、ファッション、アート、建築、フード、そして自動車までありとあらゆる“ひと・もの・こと”が活気づいている。

45 Park Lane|45パークレーン

イギリス版のモノポリーでは、ここメイフェア地区を、もっとも高額の不動産がある街として設定しているそうだが、多くの高級ブティックが建ち並ぶことでも有名な、ニューボンド、オールドボンド、リージェントストリートなどはすべてこの徒歩圏にある。東京で例えるならば、銀座・丸の内界隈といったところだろうか。

だが近年、こうした伝統と格式を重んじたクラシカルな店舗のすぐ脇に、新スタイルのレストランやバー、ホテルが次々とオープンしているという。今回宿泊した45パークレーンも、その象徴的な建物のひとつだ。

ヒースロー空港を出て、クルマで約1時間。到着した45パークレーンのメインエントランスには、アメリカを代表するポップアート作家、ロバート・インディアナ氏による代表作『LOVE』がパブリックアートとして展示され、我々を出迎えてくれた。