FERRARI 599 HY-KERS|フェラーリ製ハイブリッド、ヴェールを脱ぐ

FERRARI 599 HY-KERS|フェラーリ製ハイブリッド、ヴェールを脱ぐ

CAR

フェラーリ 599 HY-KERS|FERRARI 599 HY-KERS

フェラーリ製ハイブリッド、ヴェールを脱ぐ

フェラーリは、「599GTBフィオラノ」(日本名: 599)をベースとするフェラーリ初となるハイブリッド仕様「HY-KERS」をジュネーブモーターショーで発表した。

文=ジラフ

リア部分に100ps以上の小型モーターを搭載

599GTBフィオラノは、2006年のジュネーブモーターショーでデビューしたフェラーリのフラッグシップモデル。6.0リッターV型12気筒エンジン(620ps、62kgm)を搭載し、0‐100km/h加速3.7秒、最高速330km/hという、フェラーリの頂点に君臨するにふさわしい性能を誇る。

今回発表された「HY-KERS」は、この「599GTBフィオラノ」をベースに開発された実験車で、フロントに搭載されるエンジンは599とおなじ、6.0リッターV型12気筒を採用。ここに、7速のデュアルクラッチF1トランスミッションと、リア部分に最大出力100ps以上の小型モーターを搭載する。

2次電池はリチウムイオンバッテリーを採用。このバッテリーはボディ中央のフロア下に配置されたことから、ベースの599よりも重心を下げることにも成功。またフロア下の配置なので、トランク容量もふくめた室内空間も599と同等だという。

駆動方式はFRを踏襲

駆動方式はベース車両と同様FRを継承。エンジンとモーターからの出力は、7速デュアルクラッチF1によって制御され、モーターのみ、エンジンのみ、モーター+エンジンのモードを備えるという。

もちろん回生ブレーキも採用され、こちらは2009年のF1マシン「F60」に搭載された「KERS」(キネティック・エナジー・リカバリー・システム)の技術がフィードバックされている。

フェラーリは現段階において、このハイブリッドモデルの市販については公表していない。しかし、2007年から5年計画ではじまった、燃費・排出ガス性能の向上の締めくくりとして、ハイブリッドモデルが登場する可能性は少なくないはずだ。

BRAND HISTORY
“カヴァリーノ・ランパンテ”、日本では“跳ね馬”と称されるエンブレムに胸躍らせるファンは少なくない。サーキットではその激しい走りに観衆は熱狂し、ストリートでは端麗なシルエットと甲高いサウンドで人々を魅了するクルマ、それがFERRARI(フェラーリ)だ。F1、市販車のいずれにおいても、スピードを極めるこのブランドは、創業者であるエンツォ・フェラーリの情熱がいまなお強く息づいている。

1898年にイタリアのモデナで生まれたエンツォは、10歳のときボローニャで見たレースに感激し、いつしか自分もレーシングドライバーになろうと思うようになる。一途な思いは着々と実現へ向かい、1920年、エンツォはついにアルファ・ロメオのテストドライバーとなった。そして、同じ年のタルガ・フローリオではアルファのドライバーとして参戦、見事2位の記録を残している。

しかし、やがてエンツォの興味はレーシング・チームを運営することへと移り、1929年にスクーデリア・フェラーリを立ち上げて、アルファのレース活動を引き受けることに。その手腕を発揮するにもかかわらず、1939年にはアルファとの関係は解消され、第二次大戦後の1947年、自前のV12エンジンを積む「フェラーリ125」を引っさげてレース活動を再開。ここからスポーツカーブランドとしてのフェラーリが歩みはじめた。

その後、フェラーリはフィアット傘下に入り、現在はフィアットグループの会長を兼任する社長のルカ・モンテゼーモロのもとで、ブランドの魅力を高め続けている。ラインアップは、V12エンジンを積む「599」と「612スカリエッティ」、V8のミドシップスポーツ「F430」「F430スパイダー」、そして、スポーティさを極めた「430スクーデリア」の5モデルである。