Secrets behind the Success|連載第11回「ヴァシュロン・コンスタンタン」CEO ホアン-カルロス・トレスさん

Secrets behind the Success|連載第11回「ヴァシュロン・コンスタンタン」CEO ホアン-カルロス・トレスさん

Secrets behind the Success

ビジネスパーソンの舞台裏
第11回|ホアン-カルロス・トレスさん(「ヴァシュロン・コンスタンタン」CEO)

創業260年の老舗ブランドを継承する心得(1)

ビジネスで成功を収めた成功者たちは、どう暮らし、どんな考えで日々の生活を送っているのだろう。連載「Secrets behind the Success」では、インタビューをとおして、普段なかなか表に出ることのない、成功者たちの素顔の生活に迫ります。

高級腕時計ブランド「ヴァシュロン・コンスタンタン」は、1755年創業。世界最古の腕時計ブランドとして、来年の2015年には、260周年を迎える。そのブランドのトップを務めるCEO、ホアン-カルロス・トレスさんが、銀座ブティックのオープンのために来日を果たした。老舗高級時計ブランド、ヴァシュロン・コンスタンタンを成功に導く指導者の哲学に迫ります。

Photographs by NAKAMURA Toshikazu (BOIL)Text by KAKIHARA Takayoshi(OPENERS)

腕時計好きが出会った老舗ブランド

――どれくらいの頻度で来日されるのですか?

日本へはもう15回以上、来ていますね。今回は、銀座ブティックオープンと視察を兼ねて来日しました。1年に1度は、日本に来ている計算になります。日本ほどブランドを深く理解してくださる国はありません。

私は、ヴァシュロン・コンスタンタンの代表として1年のうち、200日以上をスイス国外で過ごすことが多いですね。世界の多くの人と対話を持つ時間はとても貴重ですし、新商品のアイディアなど役立つことさえあります。

――日本に来てどんなことを感じますか?

ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計はブランドのコンセプトに基づいて、ディテールやフォルムに至るまで緻密に作り上げていきます。ほかの国と比べて、日本はそうした微妙なモデルの哲学やコンセプトを楽しむかたが多い国です。きっと、心に秘めた情熱をお持ちの方が多いからなのでしょう。日本は、そうした私たちのモノ作りのよき理解者といえると思います。

Secrets behind the Success|ホアン-カルロス・トレス
Secrets behind the Success|ホアン-カルロス・トレス

――ふだん愛用している腕時計はなんですか?

もちろん、ヴァシュロン・コンスタンタンを愛用しています(笑)。実はこの時計は世界に1本しかないんです。私がヴァシュロン・コンスタンタンに入社したのは、1981年でした。当時、私は経理担当者として働いていました。時計が大好きだったので、仕事帰りに時計師たちとスイスのおいしいワインとチーズとともに時計談義に花をさかせたものでした。

やがて30年の時が立ち、多くの時計技術者たちが定年退職したり、ヴァシュロン・コンスタンタンを退社していきました。そんなある日、本社の3階に呼び出されると、多くの人が、部屋に集まっていました。そのなかには、入社当時にワインをくみ交わした、懐かしい面々も揃っていました。そこで「社長就任おめでとう」という言葉とともにこの時計が手渡されたのです。

裏側のローターには、スイス・ジュネーブの旗と私の祖国であるスペイン・バルセロナの旗が刻まれていました。後から聞いた話ですが、労働時間外にもう既に退社した職人たちも混ざって、この腕時計をコツコツと作り上げてくれていたそうです。