戸田恵子×植木 豪|原点回帰する“大人ロック”

戸田恵子×植木 豪|原点回帰する“大人ロック”

Happy? Half Century

「BGブランド」新作はカジュアルなトートバッグ

戸田恵子×植木 豪、原点回帰する“大人ロック”(1)

2007年にスタートした戸田恵子さんと植木 豪さんのBGブランドが、7周年という節目を迎えて、そのコンセプトを原点回帰させている。ふたりのコンビワークもますます冴え、ブランドの方向性は一段と研ぎ澄まされているようだ。まずは、その新作に対する思いと、7周年を振り返っての感想をふたりから聞いた。

Photographs by JAMANDFIXText by TSUCHIDA Takashi

cart_120704rumors_banner

ボックスロゴで、ストリートの流行をいち早くキャッチ

──最新作は、黒を基調にしたトートバックですね。

戸田恵子(以下、戸田) ええ。ブランドの原点回帰というか、7周年を意識したものを作りたくて。これまでにもバッグを手掛けてきましたが、今回は、よりカジュアルなトートバッグを作りました。

形も大きさも、イメージ通り。このデザインならユニセックスで持つことができます。

──いつものアッシュな色遣いから一転して、カラーコントラストもハッキリとしています。

植木 豪(以下、植木) そうなんです。ボックスロゴにも挑戦したし、文字自体にもデザイン要素を盛り込みました。

──裏返しのドルマークや、ピースマークといった表現ですね。

植木 トレンドのデザインを取り入れつつ、シンプルにまとめることを重視しました。ストリートは、いま、ボックスロゴが主流なんです。

──ストライプのストラップも効いていますね。

戸田恵子|BGブランド 02

戸田恵子|BGブランド 03

戸田 ありがとうございます。いろいろ検討していくなかで、この2色使いに決めました。

ワンピースを着て、このバッグを持っていてもOKですし、今日みたいなラフなスタイルに合わせても大丈夫。大人のためのロックテイストというつもりで作っています。

ギラギラなロックは年不相応かもしれないけれど、気持ちだけはいつまでも尖っていてもらいたい。40代、50代、60代だって、さりげなくロックテイストを身につけていてもらいたいんです。

植木 大人でも、若いテイストを楽しんでもらえるように意識していて。今、流行っている要素を決して遠ざけることなく、逆に嫌味にならない範囲で盛り込んで……。

戸田 流行を全面的に押し出すのではなく、部分的に取り入れる。そういう感じで、センスよく行ければいいと思っています。

まもなく60歳になろうとしている私と、アラフォーの彼が作り、自ら着用して紹介している。そんなところも受け入れてもらえたらありがたいなぁ。

戸田恵子|BGブランド 04

植木 姉さんは、大人になっても自分の好きだったものをうまく取り入れながら、あたらしいスタンダードを作っていくことに長けていますよね。

戸田 うーん、確かにドラマの衣装合わせなんかで、愕然とすることがあるんです(笑)。でも、それが普通なんでしょう。私と同年代の皆さんは、Tシャツ姿にニット帽を合わせないよなって。

ただ、もしかしたらご自分の回りにそういうアイテムが見当たらないだけかもしれない。ちょっと若い人の格好を真似てみようかなっていう気になることが、私は素敵だと思っています。ですから私と同じ年代の皆さんでも使えて、着こなせるという条件で、アイテム作りに取り組んでいます。

rumors_bg_logolink_141114

ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の前身) で女優デビュー。1973年に上京し、翌74年「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてもデビューする。 …