超低燃費車にドゥカティのエンジンを搭載したXLスポーツ|Volkswagen

超低燃費車にドゥカティのエンジンを搭載したXLスポーツ|Volkswagen

CAR NEWS

Volksagen XL Sport|フォルクスワーゲン XLスポーツ

1リッターカー「XL1」にドゥカティのエンジンを搭載

XLスポーツ、パリでデビュー

フォルクスワーゲンは、極限の省燃費モデルを目指した「XL1」をベースに、グループ傘下のバイクブランド、ドゥカティのエンジンを搭載したコンセプトカーを、パリモーターショーにおいて発表した。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

リッター100km超の超低燃費車に200psのエンジン

XLスポーツの基礎となった、フォルクスワーゲン「XL1」は、“燃料1リッターで100km走行可能なクルマ”を目指してつくられたモデルで、欧州において250台限定で実際に販売されている。XL1のボディは空力性能を最大限優先してデザインされ、そのモノコックは大量生産に向いた最新のRTM法によって生み出される、軽量かつ堅牢なカーボンファイバー製だ。ミッドシップされるエンジンは、0.8リッターディーゼルターボとモーターを組み合わせたハイブリッドで、その燃費は目標を超え0.9ℓ/100km(およそ111.1km/ℓ)を実現した。

このハイブリッドテクノロジーをベースに生み出されたのが、昨年の東京モーターショーでサプライズ公開されたコンセプトモデル「twin up!」であり、また、第7世代ゴルフをベースにしたPHEV「ゴルフ GTE」にもその技術はフィードバックされているという。

Volksagen XL Sport|フォルクスワーゲン XLスポーツ
Volksagen XL Sport|フォルクスワーゲン XLスポーツ

そして、このすぐれた空力性能を活かし、より走りを楽しむクルマとして開発されたのがこの「XLスポーツ」だ。

車両重量わずか890kg、ボディのcd値0.258という数値に対し、エンジンの最高出力は147kW(200ps)、134Nmの最大トルクを誇り、最高速度は270km/hを達成。200psクラスのエンジンでは前人未到の最高速度だと、フォルクスワーゲンでは説明する。

このエンジンは、フォルクスワーゲン グループ傘下となったバイクメーカー、ドゥカティから供給された1,199cc V型2気筒DOHC。もとは500台限定の特別モデル、ドゥカティ「1199 スーパーレッジェーラ」に搭載されているもので、112mmのボアにたいし60.8mmという極端なショートストロークをもち、その最大許容回転数は11,000rpmにのぼる。

組み合わされるトランスミッションは7段DSGだが、1.86のギア比をもつ中間ギアボックスがおかれているのもXLスポーツの特別なポイントとされる。