Disk 13

生活にもっと音楽を

Disk 13

DJである私が日々出会った気になる“音”(もしくは音を感じるモノやヒトなど)を、この場でみなさんに紹介していきます。ファッションやアート、美味しいお酒や食事のように、もっと音楽を生活のなかに取りいれて、人生を少しだけ豊かにする“きっかけ”をつくれるといいなあと思っています。

Being as a DJ, I’m introducing some “Sounds” (or something or persons that I feel the “Sound” from) in here, such as fashion, art, good drink and food, I hope we can put some more music in our lives so as to make it a little bit more satisfying.

Text by MATSUURA Toshio

想像を掻立てられ、瞬間(とき)を止める “おと”

mama!milk / Fragrance of Notes (Wind Bell)

古都京都を拠点に国内外の美術館や劇場、寺院やカフェなど情緒豊かな空間を中心に活動をつづける生駒祐子(アコーディオン)と清水恒輔(コントラバス)からなるユニットmama!milk。
沈黙とは異なる静寂のなかで静かに燃え上がる暖炉の炎のような情念が聴く者のこころを焦がしてしまう大人の音楽。いち音楽愛好家として彼らの虜になってからどのくらい経つのだろう。

そんな彼らの5年ぶりのアルバム『Fragrance of Notes』が今年のうだるような暑さが一段落したのとほぼ時をおなじくしてリリースされた。

彼らの作品ではお馴染みのリトル・クリーチャーズの栗原努(ドラム)、トウヤマタケオ(ピアノ)をはじめ、ミラノのRight Tempoで10年以上にわたって活躍したGak Sato(テルミン)そして井登友一(フルート/トロンボーン)を客演に迎えて編み出された14編の叙情詩はかつて見たことのない、しかしどこか懐かしい遠い記憶を辿る様な音絵巻。
それは鈴木清順監督の浪漫三部作のように独特の美に彩られた傑作だった。

どこまでも冷静に推し移っていくコントラバスに、あやしいほどになまめかしい美しさで挑発して絡み合うアコーディオン。そのエロティックなプレイに微笑み、そして呼応する他の楽器たち。
時を忘れいつまでも続くその交わりから湧き出る内なるエクスタシー。

私にとってこのアルバムはこれから秋に向かい少しづつ移りゆく景色の中で過ごす毎日に欠かせないサウンドトラックとなるだろう。

Sound that stops the moment and makes you wonder

mama!milk is by accordion player Yuko Ikoma and ContrabassKosuke Shimizu, they’re based in the old city Kyoto and has beendoing a live at art museums, theater, cafe and even at a temple.
Their music are like a flame at the fireplace, burning quietly but not silently and burn the heart of people who listen to it. It’s been a while since I have been facinated by their music.

Their new album 『Fragrance of Notes was released this summer after five years, the album is made with artists Tsutomu Kurihara (drums), Takeo Tohyama (piano) and also Gak Sato (Theremin) who worked at Right Tempo for more than 10years, and a lso Yuichi Ito (flute/trombone) as guest players.
The 14tracks or should I say 14piece of poems are like a picture scroll which will bring back some old and sweet memories. It reminded me a film the romantic three piece made by movie director Seijun Suzuki, this
album is a masterpiece.

The sexy and beautiful sound of accordion will cross by to the cool contrabass as if it is trying to seduce and other instruments were smiling to hear that eroticism in that sound and fit in as well.Inner ecstasy comes out from that crossing and continues to stay regardless of time.

This album will become a sound track for me as we toward to autumn.

Artist
http://www.mamamilk.net

Label
http://www.windbell.info

Listen
http://www.myspace.com/mamamilkkyoto

ABOUT
MATSUURA Toshio

1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。 日本におけるクラブカルチャー創世記の礎を築く。 12年間で5枚のフルアルバムを世界32ヶ国で発売し、高い評価を得た。 独立後も精力的に国内外のクラブやフェスティバルでDJ。さらにイベント のプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。 2013年、4人の実力派ミュージシャンとともに、東京から世界に向けて 現在進行形のジャズを発信するプロジェクト”HEX”を始動。 Blue Note Recordsからアルバムをワールドワイド・リリース。 InterFM”TOKYO MOON”(毎週水曜23:00)好評オンエア中。 http://www.toshiomatsuura.com http://www.hex-music.com