ミニチュアのようなリアルな写真――本城直季写真展「small planet」

ミニチュアのようなリアルな写真――本城直季写真展「small planet」

LOUNGE

Paul Smithのための撮り下ろし作品を展示
本城直季写真展「small planet」開催中

カメラのピントを狭めて、実際の風景などをジオラマ風に撮影する手法で脚光を浴び、2006年のファースト写真集『small planet』で第32回木村伊兵衛写真賞を受賞したフォトグラファー、本城直季さんの写真展「small planet」が、ポール・スミス日本初の複合ショップ「Paul Smith SPACE」ギャラリーにて開催されている。

Text by OPENERS

「今回の空撮でロンドンが好きになった」

写真を見れば見るほど、人物や建造物がミニチュアのように見えて、「これはジオラマ?」と錯覚におちいるフォトグラファー本城直季氏の独特な作風。

本城直季「small planet」シリーズより
Courtesy superstore Inc., Tokyo

「高いところから街を俯瞰すると、その街を構成しているさまざまな背景が見えてくる。歴史や地理や風土や文化、そして社会政策……。それらはその街をかたちづくっている構成要素だ。今回の空撮でも、僕は都市がもっているその街の差異を実感した。そしてロンドンが好きになった」と本城氏は語る。

今回の本城直季写真展「small planet」には、特別に撮り下ろしたロンドンの風景や、ポール・スミス本人が登場するポートレート作品などを展示・販売。ロンドンのランドマークやシンボルをまったく新しいかたちで映し出している。

「ロンドン市内をロケハン中に、偶然にもポール・スミスのショップに出くわした。うっかりすると見過ごしてしまいそうな存在だが、どの店舗も既存建築の外観を活かし、それぞれに特色があり個性的であった」

この「small planet」展は、ロンドンでは昨秋にPaul Smith 9 Albermale Streetショップにて開催され、イギリス国内で高い評価を得た。今後、世界各国のPaul Smithのショップを巡回する予定。

本城直季「small planet」シリーズより
Courtesy superstore Inc., Tokyo

地下1階から3階までの4層すべてがポール・スミス ワールド

本城直季写真展「small planet」は、複合ショップ「Paul Smith SPACE」の3階ギャラリースペースで開催されている。この「Paul Smith SPACE」は、全ライン (MEN、WOMEN、アクセサリー) を取り扱う日本初の複合ショップで、地下1階はメンズ、ウィメンズのカジュアルラインとブックストア、1階はバッグ、シューズ、小物類、2階はメンズウェアとウィメンズウェアという商品構成。
さらに、3階は国内外のアーティストの作品発表の場としても使えるフリースペースとなっている。

本城直季写真展「small planet」
期間│2008年3月23日(日)まで
会場│Paul Smith SPACE GALLERY
住所│東京都渋谷区神宮前5-46-14 3F
営業時間│11:00 – 20:00 水曜定休
電話│03-5766-1788
公式サイト│http://www.paulsmith.co.jp/

本城直季
1978年東京生まれ。東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。同大学院芸術研究科メディアアート修了。人物や建造物をミニチュアのように撮影する独特の手法で人気を集め、現在多方面で活躍中。
2005年にはsuperstore Inc.にて初個展「small garden」、2006年には水戸芸術館クリテリオムで「play room」、2007年にはサンタフェのTAI Galleryにて「small planet」を開催。
ファースト写真集『small planet』がリトルモアより出版され、第32回木村伊兵衛写真賞を受賞。