Fタイプの特別モデル、プロジェクト7を限定発売|Jaguar

Fタイプの特別モデル、プロジェクト7を限定発売|Jaguar

CAR NEWS

Jaguar F-TYPE Project 7|ジャガー Fタイプ プロジェクト 7

DタイプへオマージュしたFタイプの限定車「プロジェクト7」

ジャガーは、6月26日に英国グッドウッドで開催された「グッドウッド フェスティバル オブ スピード」において、伝説のレーシングモデル「Dタイプ」のオマージュたるロードスターモデル「Fタイプ プロジェクト 7」を公開した。このスペシャル ジャガーは、昨年の同イベントで発表された「プロジェクト 7」から生まれた市販版で、わずか250台のリミテッドモデル。あらたに誕生した同社の「ジャガー ランドローバー スペシャル オペレーションズ部門」が制作する、初の市販車でもある。

Text by SAKURAI Kenichi

プロジェクト 7の生産モデル

英国の「グッドウッド フェスティバル オブ スピード」で、生産が正式アナウンスされた「Fタイプ プロジェクト 7」は、昨年の同イベントで発表された「プロジェクト 7」の市販版たるモデルだ。特徴的なロードスタースタイルのデザインはそのままに2シーター化。5.0リッタースーパーチャージドV8エンジンは、最高出力575ps、最大トルク680Nmを発揮。ジャガー史上最速、最強のプロダクションモデルとして、限定で最大250台が生産される。

この歴代ナンバー1となるポテンシャルをもつスペシャル ジャガーの予告編とも言うべき、昨年のグッドウッド フェスティバル オブ スピードに登場した「プロジェクト 7」は、ジャガーがル・マン24時間レースで7度の優勝を飾ったことに由来する名称をもち、その7回のうち3回の勝利をもたらした伝説のレーシングマシン「Dタイプ」にインスパイアされたワンオフのシングルシータースポーツカーだった。

コックピットから後方にフェアリングが伸びたフォルムやカーボン製のエアロパーツを採用すると同時に、本革製のバケットシートに4点式のシートベルト、助手席があるべき場所にはヘルメットホルダーを装着したプロジェクト 7は、最高出力550ps、最大トルク680Nmを発生する5.0リッタースーパーチャージドV8エンジンを搭載していた。

s_Jaguar_Project_7_12

Jaguar F-Type Project 7 & D-Type

s_Jaguar_Project_7_013

Jaguar F-Type Project 7 & F-Type Coupe

製造を担当する「ジャガー ランドローバー スペシャル オペレーションズ部門」は、特別仕様車、オーダーメードモデルの受託、ヘリテージ製品、ブランドグッズ製造などを担当する部署としてジャガー・ランドローバーにあらたに開設された。ジャガーとランドローバーのさまざまな高性能ブロダクションモデルの開発と、両ブランドのカスタマイズ仕様モデル、数量限定の特別限定モデルなどの開発や製造をおこなうという。

このジャガー ランドローバー スペシャル オペレーションズ部門では、プロジェクト 7を「Fタイプ プロジェクト 7」として市販するにあたり、5.0リッタースーパーチャージドV8エンジンの出力を25ps向上させ、専用チューニングされた8段クイックシフト トランスミッション、第2世代の電子アクティブディフェレンシャル(EAD)と組み合わせた。こうしたさらなるチューニングを施した結果、0-100km/hはわずか3.9秒、最高速度を300km/h(リミッター作動)とするなど、ワンオフモデルのプロジェクト 7以上のパフォーマンスを実現した。