ART|パリ・オルセー美術館を代表する約80点名画が来日

ART|パリ・オルセー美術館を代表する約80点名画が来日

ART TOKYO Tips

ART│印象派の名画84点が東京に集結

国立新美術館で『オルセー美術館展 印象派の誕生-描くことの自由-』

フランス・オルセー美術館を代表する名画84点が集結する『オルセー美術館展 印象派の誕生-描くことの自由-』。7月9日(水)から10月20日(月)まで、六本木の国立新美術館で開かれる。

Text by YANAKA Tomomi

モネの記念碑的大作『草上の昼食』が日本初公開

1874年に開かれた第1回印象派展で“誕生”し、あまりに斬新な画風から当時のパリの美術界を騒然とさせたという印象派。そんな印象派の巨匠として知られるマネやモネ、ルノワール、ドガ、セザンヌらの名作が来日を果たすのが『オルセー美術館展』だ。

旧オルセー駅の駅舎を利用し、ルーヴル美術館の対岸、セーヌ川右岸に1986年に誕生した“印象派の殿堂”オルセー美術館。二月革命により第二共和政が成立した1848年から、第一次世界大戦が勃発した1914年までのフランスを中心とする西洋美術が主にコレクションされ、この時代の多様な芸術動向をパノラマのように提示してきた。

アルフレッド・シスレー 《洪水のなかの小舟、ポール=マルリー》 1876年 油彩/カンヴァス

アルフレッド・シスレー 《洪水のなかの小舟、ポール=マルリー》 1876年 油彩/カンヴァス 50.4×61cm ©RMN-Grand Palais (musée d’Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

ポール・セザンヌ 《スープ入れのある静物》

ポール・セザンヌ 《スープ入れのある静物》 1873-74年頃 油彩/カンヴァス 65×81.5cm ©RMN-Grand Palais (musée d’Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

このオルセー美術館が誇る名画84点が一挙に東京に上陸し、一度は見たことがあるであろう作品ばかりが登場する本展。特に近代絵画の立役者であるクロード・モネの作品は彼の記念碑的大作であり、これまでフランス国外に出ることがほとんどなかった『草上の昼食』が日本初公開される。

このほかにもエドゥアール・マネを代表する作品であり、浮世絵に影響を受けたといわれる『笛を吹く少年』をはじめ、彼の貴重な作品11点が登場。印象派のほかにもレアリスムやアカデミスムの巨匠たちの作品など、オルセー美術館を代表する珠玉の作品が展示される。

19世紀後半、伝統と革新が交錯するフランス美術を一望することができる『オルセー美術館展』。美術史にあたらしい歴史をもたらした至高の絵画たちとの出合いを果たしたい。

ジャン=フランソワ・ミレー 《晩鐘》

ジャン=フランソワ・ミレー 《晩鐘》   1857-59年 油彩/カンヴァス 55.5×66cm ©Musée d’Orsay, Dist.RMN-Grand Palais / Patrice Schmidt / distributed by AMF

エドゥアール・マネ 《読書》

エドゥアール・マネ 《読書》 1865年/1873-75年に加筆 油彩/カンヴァス 61×73.2cm ©RMN-Grand Palais (musée d’Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

『オルセー美術館展 印象派の誕生-描くことの自由-』
会期│7月9日(水)~10月20日(月) ※火曜休館。ただし8月12日、9月23日(祝)、10月14日は開館し、9月24日(水)は休館。
時間│10:00~18:00 ※金曜は~20:00.8月16日(土)以降の土曜と、10月12日(日)以降は毎日~20:00、入場は閉館の30分前まで
会場│国立新美術館
東京都港区六本木7-22-2
Tel.03-5777-8600(ハローダイヤル)
観覧料│一般1600円、大学生1200円、高校生800円