新型ディスカバリーはボンネットを通して地面が見える|Land Rover

新型ディスカバリーはボンネットを通して地面が見える|Land Rover

CAR NEWS

Land Rover Discovery Vision Concept
ランドローバー ディスカバリー ビジョン コンセプト

新型ディスカバリーはボンネットを通して地面が見える

ニューヨークモーターショーで次期ディスカバリーのデザインスタディ「ディスカバリー ビジョン コンセプト」を公開すると事前告知したジャガーランドローバーは、そのコンセプトカーに搭載される最先端技術について追加で発表した。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

狭いところでも安全に

ジャガー ランドローバーは、ニューヨークオートショーで公開されるコンセプトカー「ディスカバリー ビジョン コンセプト」に、安全性を高めるあらたなテクノロジーとして、ボンネットをとおして地面が見えるハイテク機能を搭載する。

この機能はフロントグリルに設置されたカメラを通じて得られた画像データをもとにデジタル処理をおこない、ヘッドアップディスプレイに投影するというもの。その結果、ドライバーからはあたかもボンネットが透けて地面が見え、死角にある障害物やタイヤの状況を確認することができる。

バーチャルリアリティのひとつ、ARの技術で実現したこのテクノロジーは、死角のおおいSUVにおいて幅の狭い道や低い縁石のある駐車場をはじめ、石が点在する悪路、こまかい障害物がある狭い路地などで、ドライバーの安心感を高めるものだという。

シルエットやインテリアの紹介につづいて、画期的な機能を披露した次期ディスカバリーのコンセプトモデル。その全容はまもなく公開される。